« 「日刊案内」公開中! | メイン | いよいよ始まったか、な? »

データ部新刊目録「まど」係です。

こんにちは。データ部新刊目録・原田です。新刊目録班の「まど」という係になって3年になります。これから毎週月曜日、4回にわたって私たちの仕事について紹介させていただきます。

さて、まずこの係の名前「まど」ですが、TRCには仕入部という部署がありまして、そことの窓口だから「まど」なのです。「まど」と仕入部との間には毎日50通ものメールが飛び交う関係があるのです。1日8時間勤務として、ほぼ10分に1通。目を通すだけでよいものもありますが、緊急性の高いものも多いので届いたものはすぐに読んでいます。

仕入部と関係するお仕事というと? そう、TRCの本屋さんとしての仕事に関わっているのです。オンライン書店bk1はおなじみですね。図書館には『週刊新刊全点案内』(以下『新刊案内』と略)を通して、いわばカタログによる通信販売を行っています。
データ部がせっせとMARCをつくっている間、仕入部は新刊書の情報収集、発注、在庫管理をしています。MARC・『新刊案内』の完成と在庫の準備の両方が整って、めでたく通信販売ができるわけです。「まど」はその間をつなぐ仕事を担当しています。

仕入部は、まだ見ぬ新刊書についてどれくらい売れそうか、何冊発注するかを決めていく本の目利き集団なのです。図書館に新刊書を素早くお届けするため、出版社や取次のご協力をいただきながら、これから出る本についての情報を収集・分析しています。そして人気の高い作家の本や話題性のある本の部数確保には、出版社や取次と息詰まるバトルが…。データ部とは違ってテンション高い部署です。文化が違うなんていわれることもあります。私は仕入部の「商売」の雰囲気も好きですけどね。

さて、TRCの図書館向け商品にはベル・SB・新継続があります。ごく簡単に説明いたしますと、ベルは図書館向け超特急配本セット。SBはストックブックスの略で、その名の通り在庫をしている商品。新継続は全集・シリーズの定期購読システム。このベル・SB・新継続、多いときには『新刊案内』1号につき900冊以上になります。それらの本が『新刊案内』発行日には倉庫に全部ちゃんと揃っており、ご注文を待っているのです。

通販本屋さんとしては当たり前? 当たり前です。しかし、毎週、毎週、何百アイテムもの本を選んで注文し、『新刊案内』の掲載号数にあわせて、在庫の搬入スケジュールを調整していくのはなかなか大変なことです。通販カタログとしての『新刊案内』がきっちり機能するために、仕入部とデータ部は協力して働いているのです。そして「まど」はそのスケジュール調整まわりの仕事を担っております。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/342

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク