« 2019年5月 | メイン

2019年6月 アーカイブ

2019年6月19日

きょうのデータ部☆(6/19)

今週は5階から。
向かいの広い土地、整地と舗装が終わってサッパリしています。
20190619.jpg

2019年6月18日

グローバルなお話

本日は「週刊新刊全点案内」2115号の発行日です。
掲載件数は1009件でした。

*こんな本がありました*

世界のシンデレラ かわたまさなおコレクション

川田 雅直 (著)
PHPエディターズ・グループ(2019.6)

世界各国の絵本から演劇のポスター・おもちゃまで、シンデレラがモチーフの作品を1冊につめこんだ、ボリューム満点の本です。作者はなんとギネス世界記録に認定された「シンデレラ・コレクター」だそうです。

きっと多くのひとが子どもの頃に読んだであろうシンデレラですが、時代によって、あるいは地域によって、さまざまに変化してきたようです。
時代を越えて読み継がれる童話は、柔軟にその姿を変えながら伝承されていくのですね。
「シンデレラ」の成り立ちや変化、それを取り巻く人々もまた、この物語の一部なのかもしれません。


そういえば、「小学校の国語教科書は複数あるが、全ての出版社で取り扱っているのは『ごんぎつね』だけ」と、大学の先生に聞いたことがあります。
「ごんぎつね」は日本の小学校に通った人々にとって、だれもが「子どもの頃に読んだ!」と懐かしさを覚える共通の話題なのですね。

そう考えると、世界中で絵本になり、演劇や映画にもなっている「シンデレラ」は、世界の人と懐かしさを共有できるグローバルな童話ではないでしょうか。

外国語で書かれた絵本を読んで勉強したり、お互いが小さいころに読んだ内容を話し合って、展開の違いを見つけたり。
そうして外国語の世界に触れてみるのも、きっと楽しいと思います。

2019年6月17日

バリアフリー映画とは?

<その1>

 DVDにも「バリアフリー対応作品」などと書かれているものがあります。具体的にどういったものを指すのでしょう?
 
◆バリアフリー字幕ってなに? 
聴覚に障害を持つ方が、映画等を楽しめるように、セリフ部分だけでなく、使われている音に関して入れられた字幕のことです。話している人の名前や、泣く、笑うなどの感情を表す音、靴音などの人が立てる音、雨や風の音などの背景や、BGMがあることを、字幕であらわしています。

◆音声ガイドってなに?
 視力に障害を持つ方が、映画等を楽しめるように、画面に映り、セリフでは表しきれていないものを解説する音声のことです。例えば、その場面の説明や、登場人物の動作や表情などを音声であらわしています。 

◆誰にでも使えるの?
 バリアフリー字幕も、音声ガイドも大部分のものは、設定でON/OFFできます。また、この機能をそのまま使えば、一般の方にとっても聞き取れなかったこと、見ていても気づいていなかったことがわかる効果もあります。


 ただし、一部には、ON/OFFの切り替え機能がなく、映像を再生すると、字幕・音声が合わせて対応するものもあります。例えば、「5等になりたい。」(11901049)「もも子 かえるの歌がきこえるよ。」(11901050)「十五少年漂流記 瞳のなかの少年」(11901051)のバリアフリー版。これは、字幕・音声もなかったオリジナル映画にDVD化の段階で特別に編集・収録されたものです。

また、バリアフリー版&(字幕なし)オリジナル版がセットとなっているDVDもあります。これには「雪渡り」(08911032、08911033)「猫の事務所」(08911038、08911039)などがあります。

 少しはイメージがつかめたのでしょうか?
 
 各地の図書館でバリアフリー映画会も開かれております。
 人気ある作品がバリアフリー化され、利用が広がっているようですね。

 つづいて検索の仕方について紹介します。

<その2>

 バリアフリー映画をTOOLiで検索してみましょう。

 今日(2018年6月12日現在)、TOOLi-AVで検索すると、視覚障害者用は19件、聴覚障害者用は237件、視聴覚障害者用は431件ありました。


◆どうやって検索するの?
TOOLiのAV検索では、コード化情報のうち、利用対象の欄のプルダウンのメニューの中に、視覚障害者用、聴覚障害者用、視聴覚障害者用の項目があり、チェックできるようになっています。
バリアフリー字幕を検索したい時は、「聴覚障害者用」と「視聴覚障害者用」に、音声ガイドを検索したい時は「視覚障害者用」「視聴覚障害者用」にチェックをつけて検索してみてください。
 そうすると、「くじけないで」(14905326)「プライドinブルー」(16902251)「北の桜守」(18906340)「この世界の片隅に」(19902000)など、バリアフリー字幕が付いているものや、「奇跡のひと マリーとマルグリット」(15907534)、「最強のふたり」(13903922)「コード・ブルー」(19902044)のように、音声ガイドがついているものがヒットします。
 もちろん、「視聴覚障害者用」だけにチェックをつけると、「図書館戦争」(13909421)「舟を編む」(14900543)「西郷どん」(19901461)「ビブリア古書堂の事件手帖」(19902098)「空飛ぶタイヤ」(19900734)のようにバリアフリー字幕と音声ガイドが両方ついているものだけがヒットします。


◆他の検索方法ってあるの?
 利用対象以外でも、TOOLiのAV検索の「すべての項目」の欄に、「聴覚障害者対応字幕」「聴覚障害者・聴者対応字幕」「聴覚障害者用日本語字幕」「バリアフリー再生機能付き」などの言葉を入れると、注記にこのような語句が入っているものを検索することができます。ただし、メーカーやDVDにより、書かれている言葉も様々なので、「聴覚 字幕」とか、「視覚 音声ガイド」など、複数の単語を掛け合わせて検索する方が、ヒットする確率が高くなるようです。


◆障害者用字幕って英語もあるの?
 「英語の障害者用の字幕ってないですか?」って聞かれたことはありますか? そんな時にはクローズド・キャプション(Closed Caption)や、SDH(Subtitles for the Deaf and Hard-of-hearing) があります。容器に「CC」、とか、「English SDH」などとあるものは、英語の聴覚障害者向けの字幕がついています。これもTOOLiの「すべての項目」の欄に「クローズドキャプション」、「English SDH」の言葉を入れると検索することができます。  


 上映会の話題がありましたが、バリアフリー字幕や音声ガイドがあって、上映権付きのDVDはどのように検索しましょうか。
TOOLiでは、「DVD」だけにチェック、著作権のプルダウンの欄を「上映・館内・館外」など上映を含む語を選択した上で、「視聴覚障害者用」などと選択すると検索することができます。

  
ぜひ、試してみてくださいね。


2019年6月14日

離れてたって...つながっているんだ ~典拠のはなし~

今度ご結婚する私の知人、Aさん(「あ」で始まるお名前)...だったのですが。入籍後は、お相手の姓であるWさん(「わ」で始まるお名前)になるそうです。
お話を聞いた時「出席番号が!一番からラストに!」なんて言って盛り上がりました。
私の出身高校だと窓際の一番前の席から廊下側の一番後ろにいく感じ。
紙の電話帳だったら最初のページから最後のページに。
改姓、なかなか影響が大きい。

典拠ファイルではどうでしょうか?


TRC MARCが現在準拠している「日本目録規則 1987年版改訂3版」第23章 著者標目にこうあります。

   23.2.1.2(2以上の名称を用いる著者)同一著者が2以上の名称を用いるとき,次の場合にはそれぞれの名称を標目とする。
   ア)改姓改名した著者が,新旧の姓名で著作をしているとき
(以下略)


著者が改名をした場合はそれぞれの名称を標目とするのですね。ご結婚などによって姓が変わった場合もこちらに該当します。

すでに典拠ファイルのある方が、今までとは異なる姓で著作を発表した場合。典拠ファイルは今回出現の形で新たに作成し、旧姓のファイルとは相互参照にします。

荒井/由実 アライ,ユミ
= 松任谷/由実 マツトウヤ,ユミ

アライさんとマツトウヤさんのように、姓の一文字目が変わると、図書記号も変わる可能性があります。著者名順で並べていたら、「ア」のところと「マ」のところ、ちょっと離れた場所に配架されてしまいますね。
しかし、典拠ファイルを活用し、相互参照であるとわかれば、同一人物の著作を漏れなく見つけることができます。書架でどんなに離れていたって。

以上、今月はジューンブライドにちなんで、改姓について考えてみました。
こちらの記事もどうぞ。
典拠 相互参照(ダイジェスト第25回)

2019年6月13日

教科書に出てくる万葉歌

今月のデータ部ログの雑記テーマは「万葉集および和歌」です。


学生時代の記憶。古文が苦手でした。
日本語のなりをしているのに、とても読みにくい。
「うつくし」を「美し」と訳すとバツになる。
一見、読めそうなのに、なかなか読み進められず
かえってストレスがたまります。
字面で読めた気になる漢文のほうが、よほど肌に合いました。


「令和」の出典が万葉集、フィーバーのときには、
令和の「令」で「律令」の令を想像したよ、
太宰府は大陸直結、梅の花は中国人大好き、
日本の古典から初出典っていっても大陸しか浮かばないね
と、ひねた感想しか出てきませんでした。


これで何を書けばいいのかと思っていたら、先週のエントリー

反省しました。
ニュースにチマチマと突っ込みを入れるだけではなくて、
昔の人の心に想いをはせるぐらいの、器をもちたい。
いい年なのだから、飛鳥路をまわって
さきざきで歌を思い出せるぐらいの大人でいたい。


なにが万葉歌なのか、さえ忘れてしまっていました。
「これ、万葉集の歌だよね」と言える和歌を
一首も覚えていないのをまず恥じなくては。
虚心、大事。とりあえず「教科書 万葉集」で検索です。


春過ぎて夏来るらし白たへの衣干したり天の香具山
銀も金も玉も何せむにまされる宝子にしかめやも
多摩川にさらす手作りさらさらに何そこの児のここだ愛しき


今みても、やっぱり意味はぼんやりとしかわかりませんが、
大らかでなかなかいいな、と感じました。

2019年6月12日

きょうのデータ部☆(6/12)

先週に引き続き、本社から。
今日は最上階、12階から撮影しました。
新宿の高層ビル群が見えています!
20190612.jpg

2019年6月10日

今日は何の日? ~時の記念日~

日本には実にさまざまな「○○の日」があります。

今日が何の日なのかを調べ、それに関するいろいろを紹介してしまおうというこの企画(不定期掲載)、本日は第7回目です。

今日、6月10日はその語呂合わせから「無(6)糖(10)茶飲料の日」「無(6)添(10)加の日」「ロー(6)スト(10)ビーフの日」「路(6)面電(10)車の日」などの記念日に制定されています。

語呂合わせではない記念日として、今日は「時の記念日」でもあります。
「日本書紀」において、6月10日は天智天皇によって水時計が設置された日とされていることが由来だそうです。

先日、子どもの習い事のお教室の前で、「ぼく、今日やらない! お教室が閉まるまでこのまま外にいる!」と脱走して来たお友達を見かけました。
時刻はそのとき、夕方6時。
お教室が閉まるのは8時半。
聞けば5時くらいから脱走しているらしい。
彼にこそ、「時の記念日」の存在を知ってほしい...。

3時間半何もせずに過ごす-もったいないぞと思いつつ、この子にとって時間は無限なのだなとちょっぴりうらやましい気持ちにもなりました。


2019年6月 7日

点字の本を探したい~TOOLiで探そうQ&A~

Q.点字の本を探す方法はありますか?

A.付属資料の種別から「点字資料」を選択してください。

たった6つの点で全ての文字を表すことのできる点字を発明したルイ・ブライユは、本当にすごいですね。
以前は、普段の生活で点字と接する機会はあまりありませんでしたが、バリアフリーが進んだ最近では、駅の階段やエレベーターのボタンなど、あちこちに点字がつくようになりました。
点字がついている本というのも、以前に比べると増えてきたように感じます。

TOOLiでは、「付属資料の種別」というところに、「録音資料」「映像資料」「電子資料」などと並んで「点字資料」があります。
これを指定して検索していただければ、点字資料を探すことできます。
点字だけでなく普通の文字が併記されているものには「墨字併記」という注記が入ります。
基本的に、TRC MARC作成対象となるのは、この「墨字併記」の本ということになります。
「墨字」というのはあまり聞きなれない言葉ですが、点字に対して普通に書かれた文字や印刷された文字のことを言うそうです。
「墨字併記」の絵本ならば、目の不自由な子どもと見える子どもが、一緒に絵本を楽しむことができますね。

2019年6月 6日

万葉の思い出

6月になりました。
改元から1カ月が過ぎましたね。

今月のデータ部ログの雑記テーマは
「万葉集および和歌」です。


新元号「令和」の典拠は
日本最古の歌集である万葉集。

新天皇即位に伴うMARC等の訂正の準備に追われる中、
このニュースは私にとって一服の清涼剤、
日々の疲れがいやされる気がしました。


ここからすこし 万葉にまつわる思い出にお付き合いください。


万葉集は 大学時代の専攻でした。


入学した大学には
万葉研究で知られたH先生がいらっしゃいました。
もともと万葉集に興味があったのですが
そのような有名な先生がいるとは知らずに入学したので
これはラッキー!とばかり
H先生の講義を受講し、ゼミに参加し
たくさんの教えをいただきました。


ゼミ合宿で明日香にも数回ご一緒しました。


明日香の史跡はレンタサイクルで巡るのが一番なのですが
60歳を迎えた先生にレンタサイクルは危険だろうか、と
ゼミ員一同 内心はらはら。


でも、実際はまったく問題なし。
(60歳はまだまだ若い、と今なら思えます。
  失礼極まりなかった...)


一同の先頭をきって自転車を駆り
お昼にはコンビニの超特大3種の具入りおにぎりを召し上がり
ポイントポイントで丁寧な講義をされ...


先生が一番元気だったかも。


海苔がぱりぱり式、に なじみがなく
巻くのをお手伝いしたコンビニおにぎりを手にした先生の笑顔、
雨上がりの明日香路にかかった大きな虹とともに
忘れられない思い出です。


これをきっかけに学生のときには
一人でも万葉集ゆかりの地を訪ねました。


山辺の道をぽくぽく歩いて、
にゅうめん(温かい素麺に初対面)を食べたり
風車をいっぱい並べて
あぜ道に座っているおじいさんと話をしたり。
これも大事な思い出です。


卒業論文のテーマに選んだのは 
先生の専門であった柿本人麻呂や大伴家持ではなく
狭野茅上娘子。
若かった私は 研究対象として充分か、よりも
自分の好み(=情熱的な歌)でテーマを選んでしまいました。
案の定、研究書が少なく論文は苦戦。
先生に多大なるご心配をかけました。


雪の日の口頭試問で
そんな私の論文の詰めの甘さを指摘してくださいつつも
研究を続けないか とおっしゃってくださったこと
そして  
卒業後も研究室に伺うと 喜んで迎えてくださったこと
年賀状をずっと交換してくださったこと


それらの学恩に ついに報いることができませんでした。


先生が亡くなられて 6年。

令和になったことを機に 
万葉集をもう一度ひらいてみようと思います。
そして万葉集だけでなく
「学ぶこと」を再び始めてみようかともと思っています。

では さいごに
狭野茅上娘子、柿本人麻呂、大伴家持の歌で 
私の好きな歌を一首ずつ。

君が行く道の長手を繰りたたね焼き滅ぼさむ 天の火もがも(狭野茅上娘子)

東の野に炎の立つ見えて かへり見すれば月傾きぬ(柿本人麻呂)

新しき年の初めの初春の 今日降る雪のいやしけ吉事(大伴家持)

2019年6月 5日

きょうのデータ部☆(6/5)

6月に入り、なんとなくじとっとした梅雨の気配を感じます。

データ部があるTRC本社ビルからは、意外といろんなものが見えます。
こちらは10階から撮影。

20190604.jpg

かなり小さくて見づらいですが...東京スカイツリーです。

2019年6月 4日

悪口

本日は週刊新刊全点案内2113号の発行日です。
掲載件数は1107件でした。
今月の表紙はこちら。

p20190604.jpg


6月=憂鬱な梅雨 で、必需の長靴です。

長靴を履いていたら、土砂降りの雨も、大きな水たまりも、へっちゃら!
「下ろしたてのスニーカーが汚れるーーー。」「革靴が傷んじゃうーーー。」とか「靴の中が大洪水・・・。」
何て心配ご無用。
歩いているうちに楽しくなって、雨でも気分は晴ればれ!です。

(Juriさん)


*こんな本がありました*

文豪たちの悪口本

彩図社文芸部(編)
彩図社(2019.6)

太宰治、永井荷風、夏目漱石などなど、文豪といわれる大作家たちが残した悪口を、随筆や日記、手紙、友人や家族たちの証言から紹介しています。

時代のせいか、発した個人のせいなのか、意味がよくわからないものもたくさん。

「やい、ヘゲモニー」「青鯖が空に浮かんだような顔をしやがって」「蛞蝓みたいにてらてらした奴」「オタンチノパレオラガス」なんて言われてもねえ。。。

2019年6月 3日

海の向こうの話と思っていたら~新設件名のお知らせ2019年5月分~

明日発行の『週刊新刊全点案内』は、巻頭に「新設件名のお知らせ」を掲載しています。新設件名は、TRC MARCで件名標目を新たに採用したものという意味で用いていますので、NDLSHから採用したものも含まれています。

5月は8件の件名を新設しました。そのひとつに「司法取引」があります。

司法取引。アメリカの法廷ドラマなどでは昔から聞く言葉でしたが、日本では2016年の刑事訴訟法改正により新設され、2018年6月1日から施行されました。カルロス・ゴーンさんが逮捕された事件が適用2号目だそうで、このニュースで日本版司法取引について知った方も多いかもしれません。
司法取引には、自己負罪型(被疑者が自らの犯罪を認めることと引換に減刑・不起訴処分などの恩恵を受けるもの)と、捜査・公判協力型(他人の犯行についての捜査に協力することで減刑などを受けるもの)があり、アメリカでは両方が採用されていますが、日本で採用されているのは後者の捜査・公判協力型のみだそうです。日本版司法取引は正式には「捜査・公判協力型協議・合意制度」(略称:合意制度)と呼称されるので、この名称を「司法取引」の参照形としました。

司法取引
←捜査・公判協力型協議・合意制度
←合意制度

実際に関係することはおそらく無い...と思うので、これから日本の司法ドラマでも使われていくのか注目しています。

2019年6月11日

身近なあのこ

本日は「週刊新刊全点案内」2114号の発行日です。
掲載件数は1050件でした。


*こんな本がありました*

まっくろけまっしろけ

マックス・アマート(さく・え)いけもとなおみ(やく)
潮出版社(2019.5)


文房具。いつも身近にあるものたち。
データ部は特に文房具をよく使う部署かと思うのですが、
あまりに身近すぎるためか、気に留めることは少ないような...。


そんなとき目にしたこの本。
黒くするのがだいすきな鉛筆と、白くするのがだいすきな消しゴム。
果たして仲良くできるのか?...という絵本です。

鉛筆と消しゴムに顔が書かれたデザインの表紙。
なんだかほほえましく、ふと子供のころを思い出しました。


削って小さくなった鉛筆に妙に愛着が湧いたり。
新品の真っ白な消しゴムが黒ずんでしまうのがなんだか惜しくて、
なるべく汚れないように字を消そうと努力してみたり。

特別な出来事ではなくても、
文房具に関して思い出すことは色々とあるものです。
この絵本のように顔を書いた覚えこそないものの、
大切な存在だったことは確かです。


絵本を目にすると、
時折こうして幼少期の思い出がよみがえることがあります。
たまには絵本を読んでみるのも良いかもしれません。

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク