« 2018年6月 | メイン

2018年7月 アーカイブ

2018年7月13日

昭和は遠く ~典拠のはなし~


照りつける強烈な陽ざし... 夏ですね。


今朝、通勤途中の駅で
紗の衣をまとったお坊様を見かけました。

もうすぐお盆。昔を偲ぶ季節です。


少し前に実家に帰った時のこと。


父から「お前が生まれたころ、「米穀通帳」というのがあったの、知ってるか?」
との言葉とともに手渡されたのは


SN3V0125.jpg

この通帳がないとお米を手に入れることができなかったそうです。


自分が生まれた時期に対して「戦後の混乱期」「食糧不足」
というイメージがなかったのですが
まだまだ厳しい時代だったということだったのでしょうか。


さて、この写真にあります「農林省」。
もしかして「農林水産省」の誤植?
それとも、昭和42年当時はこのような名称の省庁が
あったのでしょうか?


今回は このような省庁について調査する際に
どんな参考資料を使っているのかを お話しします。


現代の省庁については
「行政機構図」(一般財団法人行政管理研究センター発行)を
使用しています。
内部部局、地方支分部局などの組織間の関連についても
記されており、なくてはならない参考資料です。


ただし「行政機構図」は年鑑ですので
(毎年10月ごろに発行されます)
組織の再編があったり新設されたりした場合は反映されるまで
時間がかかることも。
そのため「行政機構図」とあわせて、各省庁のホームページも
参照するようにしています。


では、過去の省庁については?


数ある参考資料のなかで 私の一推しは
「国史大辞典」(吉川弘文館刊)です。

一推しポイントは、組織の変遷が文章での説明だけではなく
図でもあらわされていてわかりやすいこと。
省庁の変遷は複雑かつ入り組んでいることが多々あるのですが
この変遷図を見れば一目瞭然です。

例えば「農林省」の変遷を
「農商務省・農林省・農商省・農林水産省機構変遷図」で
辿ってみますと

明治14年4月に「農商務省」として設置、
大正14年4月に「農林省」となり、
昭和53年7月に「農林水産省」に改称 となっています。

ということは
昭和42年当時の名称は「農林省」で、間違いないようですね。


同じく吉川弘文館から出ている
「事典 昭和戦前期の日本-制度と実態-」
「事典 昭和戦後期の日本-占領と改革-」も
必要に応じて参照しています。


自分が生まれる前の時代を「古い時代」ととらえがちですが
自分の生まれ年が記された米穀手帳を手渡されたことで
昭和もすでに「古い時代」になりつつあることを
実感しました。 


平成元年に生まれた人も もうすぐ30歳。
その平成も 残りあと1年ないのですものね。


昭和は遠くなりにけり...

変色した米穀手帳を手に 思わずつぶやいたことでした。

2018年7月12日

小梅 さらさら つけごはん

7月の雑記のテーマは「発酵・保存食」です。
第2週は梅干し。子供の頃から梅干しが好きでした。
今日は我が家に伝わる「梅干しの楽しみかた」をご紹介したいと思います。

叔母のお手製の梅干しは、毎年冬に温州みかんと共に送られてきます。
自家製ですから、美味しさのみを追求した、めっちゃすっぱくてしょっぱくてやわらかな、ふっくら小梅。
塩分を抜きたいときは、小梅が破れないように丁寧にぬるま湯で繰り返し洗い、ぬるま湯を入れた清潔な瓶に入れて冷蔵庫で保存します。

ですが、せっかくなので、そのままの「めっちゃすっぱくてしょっぱい」のも楽しみたい。
我が家のルールでは、梅干しは小梅とはいえ、健康のことを考えて一日一個まで!
容赦なく辛い小梅には(そうそう、西のほうでは、しょっぱいことを"辛い"ということがあります。)まずは白い御飯。

そして、梅干しには「おかゆ」も超オススメ。
おかゆを上手に炊いてくれるのは、やはり炊飯専用土鍋くん。
二杯目もさらさらの状態で、おかゆが食べられます。

白いおかゆだけではなくて、茶がゆもまたよろし。
茶がゆには、ほうじ茶のティーバッグを使います。
ほうじ茶は先に煮出しておき、冷ましてから茶がゆ用に使うので、作るときはどうしても時間的に余裕のある土日になりますが。

母の実家では「つけごはん」といって、茶がゆに白い御飯を加えて食べるという、謎の食べかたがありました。
子供ながらに、おかゆに御飯をトッピングというか、混ぜ込むというか、そんな食べ方をして良いのだろうか? と思っておりました。
梅干しのしょっぱさを自分で調整しながら食べるということなのかしら。
御飯といっしょなので腹もちは良さそうです。

でも、そんなふうに食べはじめてしまったら、おかわり何杯分かわからないし、おいしくて、やめられなくて、いつまでたっても「ごちそうさま」が言えない。
「つけごはん」は梅干しの究極の楽しみかた、といえるかもしれません。

2018年7月11日

きょうのデータ部☆(7/11)

あらゆる場面でお世話になっている付箋たち。


20180711.jpg


気をつけるべきこと、やることリストなど
メモをとってパソコン周りに貼るのですが。
いつだったかに貼っていた
『スペインのおじさん』という付箋だけは
何を意図して書いたのかまったく思い出せませんでした...。

2018年7月10日

スケッチ

本日は週刊新刊全点案内2069号の発行日です。
掲載件数は1116件でした。

*こんな本がありました*

冒険家たちのスケッチブック

ヒュー・ルイス=ジョーンズ(著)
グラフィック社(2018.7)

アムンゼンやダーウィン、ハワード・カーター、植村直己など、古今東西の冒険家たちのスケッチブックを紹介した本です。
彼らが旅先で体験したこと、発見したものが、彼ら自身によっていきいきと描かれています。


鳥瞰図!

本渡章(著)
140B(2018.7)

こちらの本は、日本各地を描いた鳥瞰図1約100点を収録したもの。
江戸時代から現代までの鳥瞰図進化論などについても取り上げています。


バンクシービジュアル・アーカイブ

バンクシー(画)
グラフィック社(2018.7)

覆面アーティスト、バンクシーの作品集もありました。
初期の作品から、「世界一眺めの悪いホテル」などの代表作までが見られます。

2018年7月 6日

データ部新人紹介

7月より、新入社員が1名データ部へ配属となりました。
お仕事の様子とともに、意気込みをご紹介したいと思います。

20180706.jpg

「データ部新刊班新人の多良です。まだまだ半人前ですが、しっかり知識とスキルを身につけ、正確なMARCを作成できる戦力になれるよう努めます。」

今後の活躍に期待しております!

2018年7月 9日

夏休みの宿題に役立つQ&A その①~読書感想文編~

Q.読書感想文の書き方がわかる本はありますか?

A.学習件名検索をお試しください。

夏休みの宿題の定番ともいえる読書感想文。
今年初めて挑戦する、というお子さんも多いのではないでしょうか。
読書感想文の書き方がわかる本が欲しいという方にオススメなのが学習件名検索です。

学習件名は児童書のノンフィクションに対して付与している、子ども用の件名。
一般書にはその図書一冊の内容を端的に表す件名を振りますが、児童書ノンフィクションには1ページごとにそのページに書かれている内容の学習件名を振っています。

つまり、図書のタイトルやサブタイトルに「~読書感想文~」などとなくても、読書感想文について書かれたページがある本を見つけられるのです。

TOOLiの 学習件名検索画面 を開いて、
●読書感想文  
で検索してみましょう。
(そのあと、読書感想文 にチェック→ 図書を探す をクリック)

・・・146件。  ※2018/7/9現在

その中には

今すぐ作家になれる楽しい文章教室 1巻  作文が書ける 」

教育画劇(2011.2)

なんて本もありました。
タイトルに「~読書感想文~」とか入っていないけど、大丈夫?
大丈夫です。
検索結果一覧画面のいちばん右に...あります、「52ページ」の表示。
そう、この図書の52ページに、読書感想文について書かれているのですね。

一冊まるまる読書感想文について書かれている本は全部借りられちゃっているけれど、この本の、ここにちょっと書いてあるのだけでも読んでみたら、きっと素敵な感想文を書くヒントが得られるはず。
...ということで。ぜひお使いください、「学習件名検索」。

2018年7月 5日

梅酒・キムチ・チーズ・いぶりがっこ...

7月の雑記のテーマは「発酵・保存食」です。
じっくり寝かせたり、漬け込んだりしたものは、とても美味しいもの。
まったりとご紹介しますね。

梅酒が大好きです。
自分で作ってみたいのですが、漬けこんだ梅の実が苦手で断念。
市販の(梅の実抜きの)ものを買って楽しんでいます。
氷砂糖ではなく黒糖を使ったものも美味しいです。
梅酒は、かき氷にかけてもきっと、おいしいのではないだろうかと。
今年はやってみようと思います。

発酵食品同士は、相性が良いですよね。
長女が冬にハマっていたお餅の食べ方で、キムチチーズ餅がありました。
切り餅の上にキムチ、スライスチーズ(溶けないタイプでOK)の順に載せ、オーブントースターで焼くだけ。
残りがちなものが片付いて、しかも美味しくてオススメです。
"いぶりがっこ"とチーズも合います。
"いぶりがっこ"は、1切れずつ個包装になっているものが食べやすくてお手軽です。
クリームチーズだと最高ですが、スライスチーズで挟んでも、おつまみにぴったり。
子どもは食べないので横取りされる心配も無く、ちびちび楽しんでいます。

2018年7月 4日

きょうのデータ部☆(7/4)


関東では先週末にもう梅雨明けとなりました。
例年より3週間ほども早いとか。
今年の夏は暑くなりそうだなあ。

みなさん水分補給をこまめにとってくださいね。

20180704.jpg

2018年7月 3日

島の詩

本日は週刊新刊全点案内2068号の発行日です。
掲載件数は1130件でした。
今月の表紙はこちら。

p20180703.jpg

南の海と魚のイメージです。
光の差し込んだ澄んだ海の波間に魚のシルエット、といった感じで...
(実際、こんな模様の魚もいない...、でも広~~~い海の何処かにはひょっとしたら...?!)(Juriさん)

*こんな本がありました*

沖縄詩歌集 琉球・奄美の風

鈴木比佐雄,佐相憲一,座馬寛彦,鈴木光影(編)
コールサック社(2018.6)

なんだか今月の表紙とリンクしたかのようですが...。
6月23日の日付で刊行されたこちらの本は、公募、あるいは編集で集められた「沖縄・琉球に関する詩・短歌・俳句・琉歌」を1冊にまとめたアンソロジーです。
美しい島、独自の風習・文化、戦争と政治に翻弄された歴史。
沖縄の様々な面を、住んでいる人、訪れた人、故郷としている人、文学者、それぞれの立場で読んだ詩歌が収められています。
目次や本文をぱらぱらと見ただけですが、詩という言葉に押し込められた沖縄への熱い思いが伝わってくる気がしました。

2018年7月 2日

日々発見~新設件名のお知らせ2018年6月分~

明日発行の『週刊新刊全点案内』は、巻頭に「新設件名標目のお知らせ」を掲載しています。
新設件名は、TRC MARCで件名標目を新たに採用したものという意味で用いていますので、NDLSHから採用したものも含まれています。

6月は9件の件名を新設しました。その中に「バーベキュー」があります。

件名を新設する時には辞典類で概念を確認しています。
バーベキュー:一般に野外で行うあぶり焼き料理のことをいう。<日本大百科全書(ニッポニカ)>

あぶり焼き!?

我が家では、鉄製の串に刺した肉や野菜をキッチンで焼いて庭で食べることをバーベキューと呼んでいました。
庭にバーベキュー炉(レンガを積み上げて串をひっかけるアレです)がなかったので致し方なかったとは言え、
私ってもしかしてバーベキューやったことがなかったのか...

後日チーム内でバーベキュー経験を聴いてみたところ
バーベキュー炉を使ったことがない
用意されているのは鉄板であることが多く、良く考えたらあれは鉄板焼きなのではないか
という意見も...
本当のバーベキュー経験者って
どれくらいいるものなのでしょうか。


私見はこれぐらいにしまして

バーベキューは野外料理に該当しますので分類は
596.4目的による料理:野外料理,正月料理,弁当,おやつ,駅弁,パーティー料理
のところになります。

バーベキュー場ガイドにも
「○○-紀行・案内記」の件名の次に付与しましたので、
この夏バーベキューするぞ!という方はご活用頂ければと思います。

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク