日刊新刊全点案内

10月15日の新刊件数

174件

10月15日の新規著者数

30件

new01.gif

↑ 一覧が開きます(毎日更新)


TRC新刊図書オープンデータ

毎週土曜日更新です

利用規約

データ部ログへようこそ!

こちらは「図書館の本屋さん」こと株式会社図書館流通センター(TRC)の
データ部による、MARCと本に関するブログです。
pink2.gif TRC MARCに関する情報をお探しの方はこちら。
red.gif とにかく本が好きな方には本のご紹介もあります。
orange.gif 一息いれたい方はこんなコンテンツをどうぞ。


2018年10月16日

地味だけど可愛いいんです

本日は、週刊新刊全点案内2082号の発行日です。
掲載件数は1167件でした。


*こんな本がありました*

じみけも マヌルネコ

じみけも委員会(編著)
ハーパーコリンズ・ジャパン(2018.10)


じみけも クオッカ

じみけも委員会(編著)
ハーパーコリンズ・ジャパン(2018.10)


じみけも ナマケモノ

じみけも委員会(編著)
ハーパーコリンズ・ジャパン(2018.10)


地味でかわいいけものたち「じみけも」の写真集です。
「じみけも」に選ばれたのは、マヌルネコ、クオッカ、ナマケモノ...確かに人気第1位!という感じではないラインナップ。でも、見ていると穏やかな気持ちになれそうな面々です。
ちなみに、私の一押しはクオッカ。今回初めてこの動物を知りましたが、いつも(なぜか)ニッコリしているクオッカのふくふくした地味可愛さにぐっときました。
今後、じみけも写真集が続くとしたらどんな動物が選ばれるのでしょうか。チベットスナギツネ、マレーグマ、やぶいぬ...自分でじみけもメンバーを考えるのも楽しそうです。

2018年10月15日

今日は何の日?~10月15日はきのこの日~

日本には実にさまざまな「○○の日」があります。

今日が何の日なのかを調べ、それに関する本を紹介してしまおうというこの新企画(不定期掲載)。
第2回目の今日、10月15日は...「きのこの日」だそうです。

------------------------------------------------------------
きのこの消費拡大と生産振興を図るため、きのこに対する正しい知識の普及、啓蒙活動を積極的に推進して、消費者にきのこの健康食品としての有用性や調理、利用方法の浸透を図るために、日本特用林産振興会によって制定されました。

以上 日本特用林産振興会HPより
http://nittokusin.jp/wp/kinoko/kinoko_no_hi/
------------------------------------------------------------

昨日、デパ地下の高級スーパーに並んでいた、
山盛りのしいたけ、まいたけ。
肉厚で美味しそうでした。(見るだけで買ってない...)

もちろん「きのこ」は、食べるモノ。
きのこの本といえば、まずレシピ本が浮かびます。

きのこレシピ」

石澤清美(料理)
主婦の友社
(2018.3)

分類は、596.37 野菜料理と位置づけられています。


きのこの教科書」


【エイ】出版社(2016.10)

分類は、657.82 こちらは森林利用、林産物の下におかれています。


キノコと人間 医薬・幻覚・毒キノコ」

ニコラス・マネー(著)
築地書館(2016.9)

分類は、474.85 生物として、真正担子菌類[きのこ類]に分類されるきのこ。


世界のかわいいきのこデザイン」

飯沢/耕太郎(著)
DU BOOKS(2016.2)

分類は、727 きのこは図案としても大人気。グラフィックデザインの世界におけるきのこです。


きのこは、図書館のあちこちに生息しているのですね。

秋の味覚、
森のめぐみ、
人間にとって有用で、ときに危険な菌類、
そしてキュートな図柄として、
......魅力いっぱいのきのこ!!

味も形も生態も不思議な生きものです。
もう少し詳しく知りたい気持ちになってきました。

2018年10月12日

O・N ~典拠のはなし~

O・Nといっても野球選手ではなく、作家の話です。

17歳でデビューした作家O。私と同世代の方にはファンも多いと思います。
Nという作家がデビューしたのは、2000年代半ばのこと。
作品の雰囲気より、ある時から「Nは実はOなのではないか?」という噂が広まりました。

Oファンだった私、Nの作品を読んで、
「NはOではない。」という結論を出しました。NはOの大ファンなんだ、きっと。だから作風が似ちゃうんだと。(ものすごく失礼ですね。)
そしてこう考えました。
「そもそもOがわざわざ別名で小説を出す理由などないではないか。なぜ使い分ける必要がある?」

物を知らなかった当時の私に教えてあげたい。名前の使い分け、たくさん例がありますよね。
有名どころでは 栗本薫さんと中島梓さん。
ビートたけしさんと北野武さんなどは、当時の私にもピンときたはずです。

栗本薫さんと中島梓さんのように、一人の人物が複数の名前を使い分ける時、典拠ファイルはそれぞれ作成し、お互いに関連付けることで、相互に検索を可能にしています。(=相互参照)。

さて、作家Oはその後、Nは自分であると公表しました。
現在、TRCの典拠ファイルを調べると、もちろん相互参照の関係になっています。

110002719240000 乙一 オツイチ
=110004453060000 中田/永一 ナカタ,エイイチ
=110005134090000 山白/朝子 ヤマシロ,アサコ

(相互参照の作業は同一人物であることを図書や参考資料等で確認できた場合にのみ行います。乙一と中田永一の場合は、2012年に刊行された「読むのが怖い!Z」という本で確認をとり、相互参照としました。)

本人が公表した際、私が「あー、やっぱりねー。そうだと思ったんだよねー」という顔をしたことは言うまでもありません。(そして山白朝子の本を手に取りました。)
乙一先生、中田先生、すみませんでした。どちらの作品も大好きです。

こちらの記事もどうぞ
栗本薫さん、いままでお世話になりました

2018年10月11日

いまだに無限のループ

今月の雑記のテーマは「音楽思い出の一枚」

もちろん、私もレコードを聞いた世代ですが、
今回は、カセットの思い出を書きます。

子供のころ、家にはNHK「みんなのうた」のカセットが
10巻セットがありました。さすがに親が買ってくれたものです。

昭和時代の「みんなのうた」は、歌いやすくて楽しい歌が
いっぱいあったと思います。テレビ放送も、もちろん見て
(聴いて)いましたが、カセットを随分聴いた覚えがあります。

全部の曲名が思い出せるわけではないのですが、それでも、
今現在、曲名だけ覚えているもの、歌詞の一部だけ
覚えているもの、今聞いた方が好きそうなもの
いろいろあります。

例えば
曲名だけ覚えがあるのは
「パンのマーチ」「ちびっこカウボーイ」

歌詞の一部も覚えているのは
「お化けなんてないさ」「トレロ カモミロ」

今聞いた方が好きそうなのは、
「さらば青春」「さらばジャマイカ」

特に、今でも覚えているところだけ無限ループするのは、

「それ行け3組」
先生のアダナが... とか (実は、マントヒヒ)  
オール5なんて... とか いうくだり

「44ひきのねこ」
6×7 42の猫が尻尾を組み、あまった2匹は... というフレーズ
 
「ドラキュラのうた」
もちろん、最後のフレーズですね。
ドラドラキュッキュツ... ちゃんと覚えていると思っていたら

この記事を書くのに検索したところ、
ドラキュラキュッキュツ... だったことが発覚。

他の曲の覚えている曲もそんなところが、いっぱいありそうです。
今度さらっておきましょう。

2018年10月10日

きょうのデータ部☆(10/10)

p20181010.JPG

データ部のある階からは見えないのですが、高層階からは東京スカイツリーが見えます。
10階の会議室から撮影しました。
打ち合せで使ったりすると、「おぉ、今日は見えるね。」なんて眺めてから会議が始まります。

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク