日刊新刊全点案内

2月21日の新刊件数

304件

2月21日の新規著者数

58件

new01.gif

↑ 一覧が開きます(毎日更新)


利用規約

データ部ログへようこそ!

こちらは「図書館の本屋さん」こと株式会社図書館流通センター(TRC)の
データ部による、MARCと本に関するブログです。
pink2.gif TRC MARCに関する情報をお探しの方はこちら。
red.gif とにかく本が好きな方には本のご紹介もあります。
orange.gif 一息いれたい方はこんなコンテンツをどうぞ。


2017年2月22日

きょうのデータ部☆(2/22)

先週、東京は春一番の強風が吹き荒れましたが、寒い日が続いています。それでも職場の近隣で梅が咲いている様子をちらほら見かけるようになりました。
1722image.JPG
データ部は昨日あたりから冊数が増え、年間で一番の繁忙期に差しかかってきましたが、花を愛でるゆとりを心に持って臨みたいと思います。

2017年2月21日

全力で空想

本日は「週刊新刊全点案内」2001号の発行日です。
掲載件数は1112件でした。


節分の恵方巻やらバレンタインのチョコレートやら。
季節がらもさることながら、寒い季節はお腹と口が常に食を求めている気がします。寒さに負けないようにからだが脂肪をつけようとしているのでしょうか。ありがた迷惑。しかしごはんはすすむ。
そんな中で夢の詰まった本を見つけました。


*こんな本がありました*

空想サンドウィッチュリー

池田浩明(著) 西山逸成(著)
ガイドワークス(2017.3)


「いつか引退したら小さなサンドイッチスタンドを開きたい」
パン屋さんのそんなささやかな夢を、パンフリークの著者も一緒になって、一足先に叶える道程を綴った本です。
ダンボール屋台を手に、日本中のあらゆる場所で、テーマにそったサンドウィッチを提供する。
大人が全力で真剣にふざける。
そんな様子にわくわくさせられます。
そして想像力豊かに編みだされるメニューの数々にも、よだれが出てきそうです。


駅舎にて、サンドイッチの駅弁を。
サバゲー会場では、雰囲気にぴったりのレーション(軍事食料)を。
時代劇で使われる映画村では、
暴れん坊将軍の好みを想像したサンドイッチを。

他にも様々な場所で、趣向を凝らしたメニューを用意。サンドイッチのみならず、付け合わせの料理も充実しています。

中でも本屋前にて、さまざまな名作図書をもじって創られたメニューはユーモアに溢れています。
「蝦と蟹工船」「作ランボー詩集」「人参失格」etc.
何の作品か、もうおわかりですよね。

2017年2月20日

NDC10版の変更点とTRC MARCの適用~第4回・2類~

NDC(日本十進分類法)10版の変更点と、それに伴うTRC MARCの適用をご紹介する企画、第4回は2類です。

2類では非常に大きな変更点があります。
それは、「211/219 日本の各地域の歴史」で時代区分が可能になったということ。

-02 原始時代
-03 古代
-04 中世
-05 近世
-06 近代

以上のような時代区分が追加されましたので、TRC MARCではこれを適用いたします。
例えば、古代の東京都を扱った本の場合、分類は東京都の歴史である213.6に、古代の時代区分03を付与した213.603となります。
沖縄県の時代区分は、他の地方とは別に独自に設定されています。

5桁目以降での変更ですので、背ラベル等に影響が出ることはあまりないかと思いますが、郷土資料など同じ地域の資料を時代ごとに分けたい場合、この時代区分を採用していただくと便利ですね。


それから、210.025の考古学の注記が変更になりました。
9版では「個々の遺跡・遺物に関するものは,日本史の特定の時代に収める」となっていましたが、10版では、「特定の地域全般に関するものおよび個々の遺跡・遺物に関するものは,211/219に収める;ただし,個々の遺跡・遺物に関するものでも一国の歴史に関係ある遺跡・遺物は,日本史の特定の時代に収める」となっています。

しかしTRC MARCでは、MARCニュースで実施したアンケートの結果や、「一国の歴史に関係ある」という基準が明確でないことなどを踏まえまして、10版で変更された注記は採用せず、9版を踏襲することにいたしました。
したがってこれまで通り、個々の遺跡・遺物については、日本史の特定の時代になりますので、ご留意いただければと思います。

次回、3類の変更点は2月27日(月)に掲載いたします。

2017年2月17日

NDC10版の変更点とTRC MARCの適用~第3回・1類~

 この企画ではNDC(日本十進分類法)10版の変更点と、それに伴うTRC MARCの適用をご紹介してまいります。
今回は、1類の変更点についてです。


~未確認飛行物体〔UFO〕を147.9へ収めます~

 10版で「147.9その他の超常現象」の項目が新設され、「*未確認飛行物体〔UFO〕は,440.9に収める(別法:ここに収める)」と注記されました。
10版の試案説明会資料によりますと、「UFOは天文学とは無関係であるとの指摘が天文学関係団体から出されたことから、別法を設けた」とのことでした。
このような経緯や昨年アンケートで図書館の皆さまから伺ったご意見などから検討を行い、TRC MARCにおいて10版では別法を採用することにいたしました。
9版では440.9に収めていたため大きく変更することとなります。


~146.8が細分化されます~

 NDC10版において、「146.8カウンセリング. 精神療法〔心理療法〕」が細分化されました。例として下記が挙げられます。
 
 ・認知行動療法→146.811
 ・集団療法→146.812
 ・アニマルセラピー→146.813

各療法の図書がより探しやすくなりそうです。

 次回2月20日(月)は、2類の変更点をご紹介します。

2017年2月16日

『週刊新刊全点案内』うら話

こんにちは。新刊目録の望月です。
今週何度も触れていますが、『週刊新刊全点案内』(以下「新刊案内」)2000号が刊行されました。メモリアル号(といっても中身は変わりなし)、お手元に届きましたでしょうか。

今回の「新刊案内」ふりかえり企画では、「新刊案内」の作り方をご紹介します。

p20160216.jpg

あまり知られていないですが、「新刊案内」の編集もデータ部で行っています。
以下簡単に流れを説明します。

①毎日、前日に入力・チェックしたMARCから「新刊案内」形式のゲラを作成、プリントアウトして手分けして校正。
②週に1回(金曜日です)、5日分のデータをまとめて新刊案内の配列にし、レイアウトが崩れていないかなど全件を再度確認。
③書誌情報以外のページ、巻頭の「お知らせ」「ベル・SB・新継続一覧」「索引」も同時に作成し確認。
④すべて終了したところで、データをまとめて印刷会社に入稿。〆切り時間が決まっているので、いかにミスなく滞りなく進められるかが勝負です。
⑤印刷会社で印刷・製本。
⑥月曜日に弊社に搬入、発送。
⑦火曜日、全国の図書館に到着。

----------------
①②につきましては、以前のこちらの記事(「新刊案内も作ってます」「眼精疲労と戦います」)に詳しいですが、実務作業としては幅を伸ばしてレイアウトを整えるとか、文字を詰めて一行に収めるとか、細かい作業の連続です。これを毎日繰り返し、週に一度のまとめの日を終えるとへとへとになります。しかし、週が明けると完成した「新刊案内」が手元にやってくる。きれいに印刷された誌面を見ると、手塩にかけて作ったMARCが冊子の形になることで、たくさんの方の目に触れるようになる。そんな喜びを感じてうれしくなります。

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク