日刊新刊全点案内

3月20日の新刊件数

356件

3月20日の新規著者数

44件

new01.gif

↑ 一覧が開きます(毎日更新)


TRC新刊図書オープンデータ

毎週土曜日更新です

利用規約

データ部ログへようこそ!

こちらは「図書館の本屋さん」こと株式会社図書館流通センター(TRC)の
データ部による、MARCと本に関するブログです。
pink2.gif TRC MARCに関する情報をお探しの方はこちら。
red.gif とにかく本が好きな方には本のご紹介もあります。
orange.gif 一息いれたい方はこんなコンテンツをどうぞ。


2019年3月22日

付ける/貼る/挟む-アイテムレベルの注記(4)

こんにちは。AS 伊藤です。主に和漢古書を担当しています。

前回にひきつづき、書き入れについて、以下いくつか補足します。前述のように、注釈やルビ、振り仮名や送り仮名などを本文に書き入れているケースが多く、その場合は「書き入れあり」と注記するということで問題ないと思いますが、本文に朱引きや句読点が施されているだけの場合は、注記するかは微妙なものがあるように思います。
朱引きというのは、基本的に漢文において、固有名詞を示すために字の上に朱線を引いておくもので、中央に一本線は人名、二本線は書名、右がわに一本線は場所、二本線は国名、左がわに一本線は官職、二本線は年号というルールが一般的とされます。ただ、こうした朱引きや句読点が施されていること自体は、読み手による「読書」という行為がなされたことを示しているだけと言え、注釈が書かれているのとは、その図書へのかかわりかたの度合いが一段違っていると言ってよいかと思います。
いずれにしろ実際によく目にするのは、朱引きにしろ注や訓点にしろ、最初の数丁はくわしく書き入れがなされていても、それ以降は何もされていないきれいなままという状態の本です。多くの人の身に覚えのあるところでしょうが、昔のひとも明きらかに途中で「力尽きて」しまったのでしょうね...。

書き入れは基本的に本文の欄外や行間になされますが、付箋や貼紙(専門用語としては「押紙(おうし)」とも言います)に書かれている場合もあります。これらについては「付箋あり」とか「貼紙あり」とか注記しておけばよいかと思いますが、「付箋」については現代のポストイットのようなものと区別して書き分けておいたほうがよいかもしれません。
なお後者については、表紙などに「春」とか「ぬ弐百七」とか、所蔵者の函架番号と思われる情報が書かれた四角や八角形の紙が貼られていることもよくありますが、こうしたものについては、記述する重要度としてはあまり高くはありません(こうしたものが直書きされている場合や表紙や見返しに「全十冊」などとセットの冊数が墨書されているようなケースも、通常のレベルの書誌記述であれば無視してよいかと思います)。

付箋や貼紙が剥がれた場合であることもままありますが、メモや覚(おぼえ)などが挟まっていることもよくあります。内容的にまったく無関係なものである場合も多いですが、記録する必要がある場合は「付:「○○」とある書付1枚」とか「挟みもの:甲より乙宛書簡1通」とかしておけばよいでしょうし、とくに詳しく記しておく必要がなければ「挿紙あり」「挟紙あり」といった注記でとどめておくのでよいでしょう。
なお、貼り込みにしろ挟み込みにしろ、詳細に記録する場合は数を数えたほうがよいかもしれませんが、時にものすごく多い場合もあるので、まあ無理はしないでよいでしょう。

いずれにしろ、書き入れや貼紙・挟み込みについては、和漢古書においては基本的に存在して当然のものですので、そう目を皿にして絶対に見逃さないようにするほどのことはなく、そこそこ目立つ場合に記録するくらいの意識でよいかと思います。

2019年3月20日

きょうのデータ部☆(3/20)

      明日は春分の日ですね。
      気がつけば......... 

201903201215000.jpg

      もう桜が咲きそうです。
      なんだか桜の木、全体が赤っぽく見えます。

2019年3月19日

特別な時も、日常でも

本日は「週刊新刊全点案内」2103号の発行日です。
掲載件数は1356件でした。

*こんな本がありました*

はればれ、お寿司」

嵐山 光三郎〔ほか〕(著)
河出書房新社(2019.3)

おいしい文藝シリーズからの新刊です。今までのラインナップを見ると、珈琲、パン、チョコレート、ラーメンなど、どれもおいしくて好みが人によって色々分かれそうなものばかり。

今回は「お寿司」。卒業・入学などにあわせて、特別な食事が増えるこの季節はお寿司を食べる機会も多そうです。

余談ですが、好きな食べ物は?と聞かれたら、ちょっと芸が無いけれど「お寿司」と答えてしまいます。たまに回転寿司に行き、何となくのお決まりは、あら汁を飲んでいて、つい具をたべたくなり口に入れ、骨と格闘するというもの。辛いし、カッコ悪くて反省するのに、なぜか次に食べる前に「おいしそう、今回は骨そんなにないかも!?」と思ってしまうのです...

2019年3月18日

「書き入れ」≠「書き込み」-アイテムレベルの注記(3)

こんにちは。AS 伊藤です。主に和漢古書を担当しています。

前々回前回、印記について見てきました。所蔵者を示す情報としては、江戸時代以前のものはすくないですが、蔵書票が図書に貼られていることもたまにあります。これは印記と同様、「蔵書票:「○○藏」」などと記録すればよいでしょう。
よく見られるのは、現物の表紙や裏表紙やそれぞれの裏に直接「○○藏書」などと書いてあるケースです。20世紀に至るまで、昔のひとは本に限らず物品を入手すると、いつ・どこで手に入れたかをモノに書きつけておく習慣があり、「昭和十年八月十日於神田山本書店購求」といった墨書をよく目にします。こういった旧蔵者や伝来の履歴を記したものについては、「表紙記:「○○藏書」」とか「裏見返しに「文化丙子之夏於平安書肆求之 岩本氏」と墨書あり」といったぐあいに記録しておけばよいでしょう。
漢籍の用語ではこういった書き入れのことを「識語(しきご)」といい、したがって「識語:文化丙子之夏於平安書肆求之 岩本氏」などと記録してもよいのですが、たんに「○○藏書」とあるようなものについてはふつう識語とは言わず、基本的には、その図書の伝来の履歴を示している文章や、後の時代の学者が記した書誌学的なメモの場合にこのタームを使うことが多いです。
識語が記されているのは見返しや裏見返しといった場所が多いですが、以前見た「奥書」と違い、とくに場所の限定があって使用されるタームではありません(だからこそ、「巻末の識語」と「奥書」とは重なってくるのですが)。他方、文字や文章を練習したものや「へのへのもへじ」のような落書き(時にもっと尾籠猥雑なものもあったりします)など、あまり意味のないものは、「書き入れ」とは区別して「書き込み」と称し、基本的に無視します。小説本の見返しや裏見返しには、「此の本何方様へ参り候とも早速御返し下さるべく候」といった貸本屋の文言もよく目にしますが、これらも転記して記録するかどうかは微妙なところかと思います。

旧蔵者による書き入れでいちばん多いのはもちろん、注釈やルビ、訓点などを本文に書き入れたものです。これらについては、もともとある―すなわち体現形レベルで存在する―注や訓点とは厳密に区別しなければいけません。もっとも、刊本ならそこははっきり区別できますが、写本の場合はもともとあった頭注なのか書き入れなのか、判然としないこともしばしばありはします。
記録のしかたとしては、基本的には「書き入れあり」としておけばそれでよいかと思います。すべて朱筆による場合は「朱筆書き入れあり」、墨書と朱書と両方ある場合は「朱墨書き入れあり」といったぐあいに記録します。
なお、注釈の書き入れの場合、当人による注やメモのみならず、先人の注釈を書き写していることもあります。行き届いた人だと、注釈者ごとに黒・朱・藍・緑などで色を変えていたり、各巻末に「何年何月何日誰それの注によって校了 何某」と明記したりしており、そういった年記や人名の情報は何らか記録しておいたほうがよいでしょう。

2019年3月15日

篆書との格闘-アイテムレベルの注記(2)

こんにちは。AS 伊藤です。主に和漢古書を担当しています。

前回にひきつづき、蔵書印について書きます。
蔵書印は朱印か黒印がふつうですが、藍色や緑色のものもあります。かたちは正方形のものが多いですが、長方形や円形のものもしばしば見られます。凝ったものでは、鼎(かなえ)型や瓢箪型のもの、白澤(はくたく)という伝説上の生き物をかたどったものなどもあります。
また、蔵書印の印文は、基本的には前述のとおり誰の所蔵かということを示すだけのものですが、時には古人の詩句を引用したり文章になっていたりする「詞句成語印」もあり、このあたりは教養の見せどころになっています。
書体は篆書体が一般的で、したがって和漢古書の目録作業にあたっては篆刻字典が欠かせません。時として、古代の青銅器に刻まれた書体である金文や甲骨文字を用いているような、手強すぎるケースもあります。そのほか、図案化した糸印(いといん)や役所の印判ふうの關防印(かんぼういん)というようなものもあります(後者は書画の引首印の意味でも使われますがほんらい別もの)。

書誌記述にあたっては、複数の印が捺されている場合、「捺された年代順に記録する」のが原則です。重なって捺されているときなどはもちろんわかりやすいですが、そうでなくても、本文巻頭の右下から右上に、前に捺されたものや文字を避けながら捺していくのが基本的なルールですので、もちろん例外は多々あるとは言え、そのように記録していけばほぼ間違いないでしょう。
記述のしかたとしては「印記:「〇〇藏」、「〇〇圖書記」」のように書きますが、誰の蔵書印か判明していれば名前を括弧に入れてつづけて書くようにNCRでは規定されています。もっとも、図書の特定の場所に捺されている場合にその場所を括弧に入れて書くやり方も考えられたりもするので、理想的には「旧蔵者典拠」を作ってそれとリンクさせるのがもっともよいでしょう。国文学研究資料館が公開している「蔵書印データベース」は、その意味でもたいへん有益なデータベースになると言ってよいと思います。

このデータベースは非常に便利で、印文の一部が読めない場合など、印のかたちや大きさや色、陽刻(朱文)か陰刻(白文)かなどといった条件を加えて検索ができますし、4文字目がたとえば「學」とあることだけがわかるとき「4学」と入れれば該当するものを示してくれるなど、出現位置や文字の総数といったいろいろな条件で検索でき、国文研の電子資料館のなかで出色のものと思います。数年前までは、専門書の索引や篆刻字典をあたるしかありませんでしたので、インターネット環境でほんとうに便利になったものです。
といって、上記データベースなどに収録されていないものも多数ありますので、読めないものは「蔵書印2印あり」とか、「印記:「(糸印)」」のように記録しておけばよいでしょう。

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク