日刊新刊全点案内

11月16日の新刊件数

240件

11月16日の新規著者数

56件

new01.gif

↑ 一覧が開きます(毎日更新)


利用規約

データ部ログへようこそ!

こちらは「図書館の本屋さん」こと株式会社図書館流通センター(TRC)の
データ部による、MARCと本に関するブログです。
pink2.gif TRC MARCに関する情報をお探しの方はこちら。
red.gif とにかく本が好きな方には本のご紹介もあります。
orange.gif 一息いれたい方はこんなコンテンツをどうぞ。


2017年11月17日

あっち?こっち?どっち?~分類・件名のおはなし・78

突然ですが、分類クイズです。
Q.同じ著者による小説は、必ず同じ分類になる  
<はい>
<いいえ>

答えは...<いいえ>!
「日本十進分類法 新訂10版」(NDC10版)を開いて900文学の項をみますと、注記に
「*文学作品は,原作の言語によって分類する;次いで文学形式によって区分し,さらに特定の言語の文学に限って,時代によって区分する」
とあります。

これに依って分類してみると、たとえば、ウラジーミル・ナボコフの「ロリータ」は英語の小説ですのでNDC10版933.7、「マーシェンカ」はロシア語で書かれた小説ですので983。どちらもナボコフの小説ですが、執筆言語によって違う分類になります。図書館では配架の際に「あれ、ナボコフ作品が同じところに並ばない?」と気づく方も多いかもしれませんね。

というわけで、クイズの答えは詳しくは、「1言語で執筆する著者の小説は同じ分類になりますが、複数の言語で執筆する作家の小説は必ずしも同じ分類にはなりません。」です。

ほかに複数言語で執筆する作家というと、サミュエル・ベケットが有名でしょうか。
ベケットの場合は「ゴドーを待ちながら」のようにフランス文学の下に分類されるものと、「マーフィー」のように英米文学の下に分類されるものがあるといった具合。

ちなみに、評伝については、1つの分類に集めています。どの分類に集めるかは代表作や作品数などをふまえて検討し、TRCではナボコフの評伝は英米文学の下NDC10版930.278、ベケットはフランス文学の下950.278としています。


それにしても、複数の言語で、しかも文学作品を執筆する...母語で文章を書くのにさえ四苦八苦している私には想像もできない世界です。

2017年11月16日

「京都人」

こんにちは。新刊菅原です。
11月の雑記テーマは「京都」です。

京都といえば国内でも指折りの観光地。紅葉の時期は特に混雑する、とよく耳にします。データ部にはガイドブックも入荷するため、それらを見て「観光シーズンが来るなあ」と実感する日々です。

さて、そのなかでも特に京都というと、少し毛色の変わったものを目にすることがあります。「京都人が教える」というようなコンセプトの本です。

京都は観光地のイメージが強いですが、当然ながら多くの方が暮らす都市でもあります。「京都人」と呼ばれる彼らが選ぶような、いわゆる観光スポットではない穴場や、本当に美味しい食べものなどについて知りたいという需要が大きいのでしょう。「京都人」という言葉からそこはかとなく漂う気品も大いに魅力的です。

かくいう私も京都を何度も訪れており、京都で暮らしたい、「京都人」になりたいと思ったこともありました。
しかし、旅行中うっかり市バスを乗り間違えてしまったときのこと。運の悪いことにしばらく走行してから間違いに気づいたため、とるものもとりあえず停まったバス停で降りました。

すると前後左右どちらを見ても碁盤の目のような整った区画が続き、地図上で目印になりそうな建物も無い......。今どの通りにいるのか、目的地に向かうにはどの方向に行けば良いのかが分からず、途方に暮れてしまいました。

その後GPSを駆使して何とか電車の駅に辿りつき、目的地へと向かうことができたのですが、それ以来、方向音痴気味な私には京都で暮らすのは難しいかもしれないと考えるようになりました。
京都人、憧れるなあ。

2017年11月15日

きょうのデータ部☆(11/15)

寒くなってくるとお肌の乾燥が悩みの種。ですが、秋冬の空が澄んで見えるのはこの乾燥した空気のおかげですね。


20171115.jpg


本社周りの木々は昨日の雨のためか、心なしかしっとりとしていました。うらやましい。

2017年11月14日

映画と○○


本日は「週刊新刊全点案内」2037号の発行日です。
掲載件数は1215件でした。


*こんな本がありました*
ウイスキーアンドシネマ 2

武部好伸(著)
淡交社(2017.11)

映画を聴きましょう

細野晴臣(著)
キネマ旬報社(2017.11)

寒くなるにつれて部屋で過ごす時間が増えていく今日この頃。
(いや、季節に関係なく室内にいる時間が多いかもしれないという考えは置いておきます。)
そんな中、今号掲載のこの2冊の映画の本が目にとまりました。

そういえば映画に出てくる飲食物は印象的。見慣れているものでも、登場人物がおいしそうに食べていたりするとこちらまで無性に食べたくなってくるから不思議です。
また映画を見ながら、おともに何を食べるのか(飲むのか)も結構重要なポイントかもしれません。

サントラを買ったり、作中で使われていた曲が気になって調べてみたり、音楽も映画の楽しみのひとつでもあります。次見る映画では何が気になるのか、考えながら見たくなりました。


2017年11月13日

デジタルアーカイブで図書館は変わる~東京都瑞穂町の実践から垣間見る知の拠点としての図書館~

先週開催されました図書館総合展から、ADEAC主催のフォーラム「デジタルアーカイブで図書館は変わる~東京都瑞穂町の実践から垣間見る知の拠点としての図書館~」の様子をレポートします。

当日は定員200名を越える218名の方がご参加下さいました。
東京都瑞穂町図書館の宮坂館長によるデジタルアーカイブ事業の苦労話から始まり、
岐阜女子大学の井上透先生、同志社大学大学院の原田隆史先生を交えデジタルアーカイブについて熱いお話が繰り広げられました。

DSC_0262.jpg

DSC_0264.JPG

お客様もパネリスト御三方のお話に熱心に耳を傾けている方が多く、大変濃い内容だったと思います。
DSC_0282.JPG

足を運んで下さった皆様、ありがとうございました!

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク