日刊新刊全点案内

4月21日の新刊件数

238件

4月21日の新規著者数

76件

new01.gif

↑ 一覧が開きます(毎日更新)


TRC新刊図書オープンデータ

毎週土曜日更新です

利用規約

データ部ログへようこそ!

こちらは「図書館の本屋さん」こと株式会社図書館流通センター(TRC)の
データ部による、MARCと本に関するブログです。
pink2.gif TRC MARCに関する情報をお探しの方はこちら。
red.gif とにかく本が好きな方には本のご紹介もあります。
orange.gif 一息いれたい方はこんなコンテンツをどうぞ。


2021年4月22日

草花摘み

 春の日差しにやわらかな新芽の緑が映える季節となりました。
 春の楽しみのひとつに、山菜採り等やわらかな新芽を食べることもあるのではないでしょうか。

 幼い頃、春になると草花摘みに行きました。
 中でも友だちと摘んだよもぎの新芽でお団子作りをしたのは楽しい思い出です。
 友だちとその中の誰かのおばあちゃんとで土手に行き、よもぎのやわらかそうな葉を摘んでくるとお団子作りがはじまります。餅粉を蒸かして、ゆでて刻んだよもぎを入れ、捏ねて、また蒸かして、思い思いの形にして、出来上がったら皆とおやつに食べ、沢山出来たらお土産にいただいて帰り...目もお腹もいっぱいまで新緑を堪能しました。
 と言って、私はよもぎとよく似た食べられない草ばかり摘み「毒団子ができちゃうよ」と友だちやおばあちゃんに選別段階ではじかれていました。
 サバイバル番組で道端の草を食べるシーンや山菜採りの記事を見るたび、沢山の葉っぱを選り分けている光景を思い出します。

2021年4月21日

きょうのデータ部☆(4/21)

20210421trc.jpeg

TRCの人名典拠録たち

奥のクリーム色2冊が1986年刊の「TRC MARC人名典拠録」。
手前の緑と赤は1991年刊の「TRC人名典拠録」。緑が日本人東洋人名篇(上下)、赤が西洋人名篇。

この赤と緑に既視感?
1987年に刊行された村上春樹「ノルウェイの森」の上下巻がこんな赤と緑カラーでしたね。30年以上前になるのか...(遠くをみつめてしまう)

2021年4月20日

costumeを辞書で引く

本日は「週刊新刊全点案内」2206号の発行日です。
掲載件数は1244件でした。

*こんな本がありました*


ディズニー・コスチューム大全」

ジェフ・カーティ ウォルト・ディズニー・アーカイブスのスタッフ(著)
うさぎ出版(2021.4)


ディズニーの実写映画で使われた衣装が多数の図版とともに紹介されています。
原タイトルは「The art of Disney costuming」。
「costume」ではなく「costuming」。
-ingが付いているってことは、動詞?

分からないときは辞書を引こう!(と、子どもに何度も言っている手前、母が引かないわけにはいかない...)
「小学館ランダムハウス英和大辞典」によると、動詞としては

  1〈人に〉衣装を着せる
  2〈芝居・仮装舞踏会などに〉衣装を調達する

という意味があるそう。
今回の原タイトルは2の意味でしょう。
つまり、この本は衣装をただ並べて見せるだけでなく、その衣装が「どのように調達されたか」が扱われています。
あの映画のあの衣装がどうやって生まれたのか、なぜあの形になったのか。
衣装デザイナーたちのインタビューを通して、彼ら・彼女らの熱い思いが伝わってきます。
読んだ後にもう一度、映画が見たくなりそうです。

2021年4月19日

4月の特集☆入学祝い・進級祝いに贈りたい本☆その3

こんにちは。遡及半澤です。
データ部メンバーから募った、お祝いにおすすめな本の紹介企画。第3回は、ランドセル姿がまぶしい小学校入学生、1年生に贈りたい本です。


いちねんせいになったから!
(講談社の創作絵本 いちねんせいの1年間)

くすのき しげのり(さく) 田中 六大(絵)
講談社 (2015.2)
今日は入学式。「どうしたら、ともだちひゃくにんできるかな...」 1年生の期待と不安を描いた絵本。いちねんせいの1年間シリーズで全6冊。


1ねん1くみ1ばんがんばる
(こどもおはなしランド 34)

 後藤 竜二(作) 長谷川 知子(絵)
ポプラ社(1992.3)
元気でいたずら、おせっかいなくろさわくんと「ぼく」の友情を描いた1ねん1くみシリーズ。全部で25冊もあります。どんどん読みたくなるかも。


おめでとうのいちねんせい

糸井 重里(詩) 日比野 克彦(絵)
小学館(1989.12)
コピーライター糸井重里の詩と現代アートの日比野克彦のイラストや造形で、ドキドキワクワクの1年生あるあるが綴られます。


となりのせきのますだくん
(えほんとなかよし)

武田 美穂(作・絵)
ポプラ社(1991.11)
絵がかわいくて大好き、とデータ部員より。ますだくんもクラスメイトのみほちゃんもかわいいのです。


給食番長
(cub label 〔わんぱく小学校シリーズ〕〔1〕)

よしなが こうたく(さく)
長崎出版(2007.6)
インパクトたっぷりの絵に興味が引かれることでしょう。同シリーズで「ちこく姫」「おそうじ隊長」「飼育係長」などもあり、タイトルにも惹かれます。


はじめての学校生活で嬉しくなったり、泣いてしまったり、勇気を出したり、1年生ならではの本をご紹介しました。贈る前に、きっと大人も読みたくなりますよ。

2021年4月16日

最近はやりの ~分類・件名のおはなし・110~

データ部で様々な本にふれていると、本から最近の流行が見えてきます。
ある本がベストセラーになると同じキーワードを含む本が増えたり、似た装丁をよく見かけたり。最近では「○○大全」「○○六法」といったタイトルにもしばしば出会います。

もちろん本のテーマにも流行り廃りがあり、分類件名もしかり。

ここ1年でよく見る件名としては、やはり新型コロナ関連でしょうか。感染症対策、テレワーク、衛生材料(マスクなど)、ワクチンなどなど......。


趣味に関する件名では、サウナやキャンピングとよく遭遇します。
特にキャンピングの勢いはすさまじく、『週刊新刊全点案内』2205号掲載分だけで7件に付与されていました。


また、同じ件名・キャンピングの中にも流行があり、興味深いところです。
新型コロナ以前は「グランピング」や「BBQ」を扱う本を時折見かけたのですが、あまり見なくなりました。
一方、ぐっと増えたのが「ソロキャンプ」に関する本。
趣味にも新型コロナの影響が......。


複数人で同じ空間に泊まったり、飲食したりを気兼ねなくできるのは、もう少し先になりそうです。
それでもたまには開かれた場所で羽を伸ばしたい、ひとりでじっくり自然と向き合いたい。そう思う方が増えているのかも。


こんな本もあります↓
ベランピングスタイルブック

辰巳出版(2020.11)

ベランピングは「ベランダ+グラマラス+キャンピング」という意味の造語だそう。
おうちでアウトドアを気軽に楽しむのもいいですね。

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク