日刊新刊全点案内

2月19日の新刊件数

264件

2月19日の新規著者数

68件

new01.gif

↑ 一覧が開きます(毎日更新)


TRC新刊図書オープンデータ

毎週土曜日更新です

利用規約

データ部ログへようこそ!

こちらは「図書館の本屋さん」こと株式会社図書館流通センター(TRC)の
データ部による、MARCと本に関するブログです。
pink2.gif TRC MARCに関する情報をお探しの方はこちら。
red.gif とにかく本が好きな方には本のご紹介もあります。
orange.gif 一息いれたい方はこんなコンテンツをどうぞ。


2018年2月19日

冬のADEAC公開情報 その2

冬のADEAC公開情報2回目、今回は新規公開となった千葉県の2つのアーカイブをご紹介いたします。


長柄町/長柄町デジタルアーカイブ(1月16日公開)
長柄町史の全文閲覧のほかに長柄町の文化財の解説も公開しています。
長柄町にある横穴墓・史跡長柄横穴群については一般向けと子ども用のそれぞれを公開しました。
また文化財デジタルマップとして、長柄町の文化財の所在地を示す地図から各文化財の解説が閲覧できます。


大網白里市/大網白里市デジタル博物館(2月1日公開)
「館を持たない自治体が提案する本格的デジタル博物館」をコンセプトとして、大網白里市所蔵の美術品や郷土史料などの文化資源の公開がスタートしました。
博物館や資料館、美術館などの文化施設がなかったため、これまでなかなか振れり機会のなかった文化資源をインターネットでいつでも見られるようになりました。
旧石器時代の出土遺品から、近現代の史料まで幅広く多種多様な史料を公開しています。
史料の画像を高精細で閲覧できるのはもちろんのこと、石器や土器の3D画像も公開していますので、360度多方向から見る事もできます。
デジタル博物館としてぜひご活用ください。


前回に続き新規公開となった機関をご紹介いたしました。
次回はコンテンツが追加となった機関をいくつか抜粋してご紹介いたします。
次回の更新は2月26日(月)です。

2018年2月16日

2月14日が過ぎても ~分類・件名のおはなし・81~

 2月14日、バレンタインデーでしたね。この日に自分がドキドキしたのははるか昔の話で、今年は小学生の息子が意中のあの子からチョコレートがもらえるのか、ひそかにドキドキしていました。ところが最近は、バレンタインデーであっても学校にチョコレートを持って行くのは禁止!とのことで...当然手ぶらで帰宅。かといって、放課後自宅に誰かが訪ねて来てくれる...なんてことももちろんなく、さみしく終了した我が家のバレンタインデーでした。

 さみしかった我が家ですが、世の中的には友だちにチョコレートを配る「友チョコ」などで、バレンタインは相変わらず盛り上がっているようですね。「友チョコ」は、手作りチョコが基本だそうです。手作りチョコや、チョコレートを使ったお菓子のレシピ本、NDC10版の分類でいうと596.65になります。この分類×件名「チョコレート」で検索してレシピ本を入手すれば、来年の友チョコ作りはバッチリですね。

 件名「チョコレート」は、596.65のほかにもいろいろな分類で使われます。588.34という分類は、食品工業の分類で、キャンデー・チョコレートなどを収めることになっています。この分類で検索したら、私も大好きなチロルチョコやブラックサンダーの本を発見しました。

チロルチョコofficial book

ワニブックス(2007.2)

謎のブラックサンダー お腹にやさしい黒い雷神

サンダーさん(監修)
PHP研究所(2011.3)


 さらに、カカオ70%などの高カカオチョコレートは健康によい、とちょっと前に話題になっていました。「健康法」という件名と共に扱われるようなチョコレートの本は、NDC10版498.583に分類されています。高血圧、糖尿病、肥満などにいいらしいですね。おいしく食べて健康になれたら、一石二鳥!

糖尿病、肥満を解消おいしい!高カカオチョコ健康レシピ
(主婦の友ヒットシリーズ)

栗原毅(監修)
主婦の友インフォス(2017.4)

チョコで血圧が下がった 高カカオポリフェノールが発揮する抜群の生活習慣病予防効果

椎名一紀(著)
主婦の友インフォス(2018.1)


 そのほか、食文化としてのチョコレートの歴史などは383.8に分類されるなど、図書館ではいろいろな棚に潜んでいるチョコレート本です。チョコレートの話をしていたら、無性にチョコレートを食べたくなってきました。自販機でホットチョコレートでも買って来ようかしら。あ、ちなみに、飲み物として扱われるチョコレートの分類は596.7になります。

2018年2月15日

辞書の思い出は...

今月木曜の雑記、テーマは「辞書・辞典」です。

最近は辞書と言えばオンライン&電子辞書になってしまいましたが
冊子体の辞書に一番触れたのは大学時代。
「大日本国語辞典」「ブリタニカ百科事典」「ラルース百科事典」「ドゥーデン」etc.
参考調査論の授業(←現在だとレファレンスサービスの授業に該当するのかと)
ではとにかく引かされ、モトイ引く機会を与えられました。


ある日の課題は辞典の調査。
学生の間では、開架書庫の辞典はアタリ
図書館の閲覧室から離れている&暗くてかび臭い閉架書庫はハズレなんて言われておりました。

私、演習課題は貧乏クジ引当率100%でしたが
この時当たったのが「広辞苑 第4版 CD-ROM版」(これも懐かしい、そういえば今いずこに)
個人で持っていたので図書館に行かずにレポートが書ける、珍しく大当たりでした。

そんな訳で早めに課題が終わってしまったので
めったに入らない閉架書庫への興味もあり
友人の辞書探しを手伝いに私も閉架書庫へ。

唯でさえ薄気味悪い閉架書庫で本を探している最中
誰かが電源スイッチに寄っかかったのか書庫の電気が消えるハプニングが起こりました。
もちろん、書庫真っ暗。
真の闇になると、その瞬間ってシーンとするんですね
数十秒後から阿鼻叫喚、しかも二十歳前後だから悲鳴が高音
騒ぎを察知した司書さんに再点灯されるまで、図書館で半べそかいたのはあれが最初で最後です。

今でもセットものの辞典を見ると暗闇が蘇り、ちょっとしたトラウマです。
珍しく自宅で出来る課題に当たったのは、やっぱり貧乏くじだったのかも。

2018年2月14日

きょうのデータ部☆(2/14)

今日はバレンタインデーですね。
バレンタインにチョコレートを贈るという風習はお菓子メーカーによる策略が発端とも聞いたことがありますが。集中力を要するデータ部メンバーにとって血糖値を上げてくれるチョコは重要です。
IMG_8969.jpg

2018年2月13日

チョコレート

本日は「週刊新刊全点案内」2049号の発行日です。
掲載件数は1043件でした。


*こんな本がありました*


チョコレート物語

佐和みずえ(著)
くもん出版(2018.2)

関東大震災後の日本にやって来て、神戸でチョコレート店を始めたロシア人モロゾフさん一家のお話です。
モロゾフさん、は、あの「モロゾフ」。洋菓子会社「モロゾフ」の起源となった方だそうです。
私は「モロゾフ」が人名(姓)ということすら知りませんでした。
バレンタインにチョコレートを贈る習慣を提案した会社のひとつでもあるのだとか。


チョコレートでもう一冊。


夢みるチョコレート工房  働く喜びをつくるということ

伊藤紀幸(著)
ウェッジ(2018.2)

こちらは、障がいをもつ息子さんのために、チョコレート工房を作った方の本です。

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク