日刊新刊全点案内

5月25日の新刊件数

182件

5月25日の新規著者数

26件

new01.gif

↑ 一覧が開きます(毎日更新)


TRC新刊図書オープンデータ

毎週土曜日更新です

利用規約

データ部ログへようこそ!

こちらは「図書館の本屋さん」こと株式会社図書館流通センター(TRC)の
データ部による、MARCと本に関するブログです。
pink2.gif TRC MARCに関する情報をお探しの方はこちら。
red.gif とにかく本が好きな方には本のご紹介もあります。
orange.gif 一息いれたい方はこんなコンテンツをどうぞ。


2018年5月25日

受賞情報わかります ~MARCや検索の話~

先月、辻村深月さんの「かがみの孤城」が「本屋大賞」を受賞したと発表されました。

全国の書店さんも注目していたんだろうな、受賞した版元さんは大騒ぎか?と想像しつつ、データ部でも「待ってました!」とばかりにMARCに受賞情報を追加しました。

このような情報追加メンテナンスとは別に、各種文学新人賞のように、受賞してから単行本が出る場合は、図書の帯や著者紹介にはっきりありますので、MARC作成時に入力しています。

TRCデータ部では、図書からの情報のほか、取次から提供される情報、Webサイトなどから日々受賞情報を見張り、データベースで管理してMARCに反映させています。どんな賞を見張っているのかは、TOOLiの「お知らせ→文学賞受賞情報」からご確認いただけます。

週刊新刊全点案内でも、第3週に、前月に判明した受賞情報をまとめて掲載しています。ご活用ください。


受賞情報については、こんな記事もどうぞ。

受賞情報~MARCや検索の話~
受賞情報からさがす
文学賞さまざま
巻末ページをご紹介します 3週目

2018年5月24日

三角形の牛乳パック

こんにちは、典拠の望月です。
今月の雑記は「集めています(した)」をテーマにお送りします。

集めていた、と言われて思い浮かぶのが小学校の給食で出た牛乳パック。そのふた(というか飲み口に貼ってあった紙)を集めるのが低学年のころの日課でした。

ここで注意。"牛乳瓶のふた"ではないんです。あのまん丸で厚くて、メンコにして遊べそうなふたを集めていたわけではありません。

給食の牛乳もいろいろと変遷があるみたいで、わたしのときは三角形の紙パックで、多分ストローをさして飲んでいたと思うのですが、そのさし口に貼ってあった切手くらいの大きさの紙を集めていたのです。赤とか青とか黄色とか色とりどりで、友達の分ももらってはせっせとビニール袋にためていました。
何かに使えるというわけでもないし、集めて交換できるとかそういったものでもない、単なる紙きれ。本当に何が楽しくて集めていたのか、まっったく覚えてません。たぶん「きれいだったから」とか、そんな理由でしょうか。
子どもの考えることって謎です。


給食の牛乳について、変遷を写真で紹介しているページを見つけました。

給食における牛乳の移り変わり

そうそう、この三角形!懐かしいですが実は意外と廃れるのも早かったと知り、残念な気持ちになりました。もう給食でお目にかかることはないのか...。

2018年5月23日

きょうのデータ部☆(5/23)

仕事の友④

20180523.jpg

事務用指サック

これがないと、わたし何もめくれないんです...ゲラも...本のページも

右が使い込んで凹凸がほとんど消えてしまったもの、今日で引退です。
左が新品、思う存分めくるぞ!

2018年5月22日

パンのひみつ

5/22は週刊新刊全点案内2062号の発行日です。
掲載件数は1006件でした。


*こんな本がありました*

パンの科学 しあわせな香りと食感の秘密
(ブルーバックス)

吉野精一(著)
講談社(2018.5)

どうしてパンは美味しいのでしょうか?
この問いに科学的な答えをくれるのがこちらの本。

パン屋さんの前を通ると香る「幸せを呼ぶパンの香り」、
パン屋さんに入ると目に入る「手に取りたくなるパンの焼き色」、
パンをかじった瞬間のあの食感...
パンの魅力ひとつひとつを科学的に解説してくれます。
「パンとはなにか」という問いから始まるパンの基礎知識からパンの歴史、「科学的に」美味しいパンの食べ方などを紹介。

どうしてパン生地をこねる必要があるのか?どうして何度も発酵させる必要があるのか?といったパン作りのメカニズムにも触れています。

休日によく「美味しいパンのため...」と必死にパン生地をこねているのですが、この本を読んだあとのパン作りは一味違ったものになりそうです。

2018年5月21日

ADEAC春の公開情報その2

先週に引き続きまして、ADEAC春の公開情報その2です。
今回は3月下旬から5月までに公開となった機関5館をご紹介します。


大和高田市立図書館/郷土資料「わたしたちの大和高田市」(5月16日)
「わたしたちの大和高田市」は、大和高田市立図書館開催の「町なか探検」3回シリーズとして子ども達と一緒に体験や見学した記録です。
地域ブランドさくらコットンの紹介・解説や、市街地の今昔などをすべて英文併記で掲載しています。


岐阜女子大学デジタルアーカイブ研究所/和田家おぅらい(4月20日)
世界遺産「白川郷・五箇山の合掌集落」の中心的な存在である和田家に関するデジタル資料をもとに岐阜女子大学にて構成された「和田家おぅらい」を公開しています。
公開されている資料は国の重要文化財である和田家に関する実物、古文書、絵図等、貴重な史料が見られます。
こちらも英文併記となっています。


四万十市立図書館/四万十市デジタルアーカイブ(4月2日)
『中村町史』および『中村市史 正編』『中村市史 続編』の電子書籍を公開しています。
目次より該当ページの電子書籍が閲覧できます。


田川市立図書館/筑豊・田川デジタルアーカイブ(3月29日)
田川市に残された『鉱山借区図』などの資料をデジタル化し、これらの地図資料を使って近世・近代の田川市の歴史を解説しています。
小中学生にもわかりやすく興味を持っていただけるような、調べ学習などに役立てるコンテンツが盛りだくさんです。


八尾市立龍華図書館/今東光の『小説 河内風土記』を歩く(3月20日)
今東光により八尾市をヒントに創作された全六巻におよぶ著作『小説 河内風土記』の、モデルとなった場所や風景の地図と解説をデジタル化し公開しています。
『小説 河内風土記』に記され、東光が過ごした時代のまちや風景を感じることができる地図ですので、『小説 河内風土記』とあわせてお楽しみください。


今回も簡単ですが新規公開館をご紹介いたしました。
ご紹介した以外に、リニューアルとなった機関や史料が追加された機関もありますので、ぜひADEACをご覧ください。

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク