日刊新刊全点案内

11月20日の新刊件数

216件

11月20日の新規著者数

51件

new01.gif

↑ 一覧が開きます(毎日更新)


TRC新刊図書オープンデータ

毎週土曜日更新です

利用規約

データ部ログへようこそ!

こちらは「図書館の本屋さん」こと株式会社図書館流通センター(TRC)の
データ部による、MARCと本に関するブログです。
pink2.gif TRC MARCに関する情報をお探しの方はこちら。
red.gif とにかく本が好きな方には本のご紹介もあります。
orange.gif 一息いれたい方はこんなコンテンツをどうぞ。


2019年11月20日

きょうのデータ部☆(11/20)

「データ部ログ」で連載していた和装本関係の記事をまとめた本が刊行されます。→コチラ

191113-1.jpeg

本の横にある小さな四角いものはチョコレート
表紙がそのままパッケージになっています
図書館総合展にて、樹村房さんのブースで本を購入した際に、オマケとしてついてきました。可愛い!そして美味しい!!

191113-2.jpeg

「図書館のための和漢古書目録法入門」は
週刊新刊全点案内 2137号に掲載です。

2019年11月19日

線路はつづく!

本日は「週刊新刊全点案内」2136号の発行日です。
掲載件数は1122件でした。

*こんな本がありました*

日本全国2万3997.8キロ イラストルポ乗り歩き 乗った!描いた!

安藤昌季(著) 月邸沙夜(絵) しいらまさき(絵)
天夢人
(2019.12)

乗って楽しい乗り物、寝台車や豪華特急、観光列車などを乗り継いで移動する鉄道旅のルポ本です。
ときたまフェリーに乗船したりもします。
家族での旅行という想定のため、男性の鉄道ライターさんが文を書き、女性のイラストレーターさんがレポイラストを描き、ライターさんのお子さんが子ども目線の写真を撮り、ということで、いわゆる"鉄道本"の濃さが中和されているような気も(笑)
「鉄道ぴあ」などの過去の連載をまとめたものなので、現在の運行スケジュールで組める旅程が紹介されているのもいいですね。
素敵な景色を見たり、おいしいものを食べたりしながら目的地に向かえる鉄道旅の魅力が伝わってきました。

2019年11月18日

ADEAC 2019年秋の公開情報その1

みなさま、こんにちは!AS 入江です。

図書館総合展が終わり、年末が近づき、ASの職場もにわかに忙しくなってきました。今回と来週月曜の2回にかけて、9~10月に更新・公開された機関をご紹介します。今回は新規館をメインに9月公開の3つの機関をお届けします。

『飯塚市/飯塚市デジタルミュージアム』(9月27日公開)
福岡県の飯塚市の様々な地域史料がご覧いただけるようになりました。
弥生時代の遺跡からの出土品や、炭鉱の町として知られた当時の暮らしぶりを思わせる炭鉱関係資料、戦時を生き抜いた飯塚市出身の惣門秀男によるマンガの挿絵入り回顧録など、古代から現代にいたるまでの飯塚の歴史を感じさせる史料がご覧いただけます。

令和2年(2020)3月末には市内に約600か所ある遺跡を地図上でご覧いただける「遺跡情報システム」も公開予定です。

『益田市・益田市教育委員会/益田市デジタルアーカイブ』(9月30日公開)
島根県益田市からも、多様な資料が公開されました。
益田市のことを幅広く学べる『益田ふるさと物語』はテキスト検索にも対応しています。
市の名前の由来にもなった益田家の第15代当主 益田兼堯の肖像画も見どころです。こちらは、水墨画で有名なあの雪舟の肖像画の最高傑作と言われているそうです。
ほかにも、益田家が毛利元就に振るまった料理を古文書の記録をもとに再現した"益田「中世の食」再現プロジェクト"を紹介する漫画『益田家の膳』など、興味深い資料が目白押しです!

『日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム』(9月1日本公開)
前回の記事でもご紹介した日本ラグビー デジタルミュージアムがラグビーワールドカップに向けてパワーアップして正式オープンしました!
非常に盛り上がったこの大会、選手の活躍を見てラグビーに興味を持たれた方も多いと思います。もっと日本のラグビーの歴史について知りたい、そんなご要望にお応えできるアーカイブです。

7月のプレ公開時から試合記録もヴィジュアル資料も大幅に増量し、2018年度分までのテストマッチ(日本代表の国際試合)やトップリーグ、大学選手権などの名試合を観戦記・対戦記録・写真・新聞記事・その他もろもろの多様な資料を組み合わせてご覧いただけます。
そのほか、ワールドカップ特集コーナーや、一部データのスペイン語・フランス語版など、新規追加されたページもたくさんあります。
今後、ワールドカップでの日本代表の活躍を含む更新を予定しています。

次週11/25(月)には主に10月に公開された機関をご紹介します。
どうぞお楽しみに!

2019年11月15日

痩せ方いろいろ~分類件名のおはなし・98~

秋を飛び越えてすっかり冬になったかのような感覚が続く日々です。
季節によって特定の主題の本が多くなったりすることはよくありますが、
分類をしていると、一年を通じて入ってくるジャンルの本がいくつかあることにも気づきます。その一つがダイエット。
昼ごはんを少し食べ過ぎてしまったかと思った日に見かけると特に心に刺さるタイプの本ですが、件名は「痩身法」を付与しています。
NDC10版を見ると分類は「595.6」になっており、それで検索をしてみるとダイエットの心得や運動を伴うダイエットの方法など、様々なダイエット指南本が出てきます。

見るだけ「ダイエット図鑑」

平田 雄士 (著)
大和出版(2019.10)

しかし、実際は別の分類を付与することもあります。それは、食事によるダイエットの場合。
糖質制限ダイエット、などが流行って久しいですが、これらは保健食や食事療法が該当する「498.583」に分類されます。

挫折しない緩やかな糖質制限ダイエット

山田 悟 (著)
法研(2019.8)

糖質制限という言葉が出始めたころ、ご飯もパンも抜くなんて苦しすぎる...!と私はショックを受けていましたが、今は炭水化物の量は少なめであれば食べてもいい、というような内容が主流なように見えます。
レシピがついているようなものを見てみると、こんなにボリュームのある食事もしていいんだ...と従来の印象とは全く違うことが書かれていることがあるので、驚きます。

ダイエットの方法は千差万別。私はまだ大丈夫かな......とちょっと危ないかも......の意識の間で常に揺れていますが、無理をしないでできるのが一番。いつか実践する際は、自分に合った方法を探して頑張ろうと思います。

2019年11月14日

息をのむほど美しい

11月の雑記のテーマは「日本一、世界一」です。

TRC本社は文京区にあります。
文京区に日本一ってあるかしらと探してみると、なんと「日本一美しい本棚」があるとの情報が。
なんともおあつらえ向きで心惹かれるので、先日さっそく行ってきました。


東洋文庫ミュージアム "モリソン書庫"
東アジアに関する欧文の書籍などが、約2万4000点コレクションされています。

2_20191110_170157.jpg


3_20191110_180713.jpg


圧巻の一言。

整然と並べられた背が美しい。そして歴史の重みさえ感じます。
知識の集まる場所が醸し出す独特の雰囲気に圧倒され、感動で泣きたくなりました。
古書の薫りを胸いっぱいに吸いこみ、やっぱり紙の本っていいなぁとしみじみ。
ずっと眺めていられる噂に違わず美しい本棚でした。


東洋文庫やモリソン書庫の詳細についてはここでは省略しますが、
あらゆる時代・言語の『東方見聞録』を50種類ほど所蔵し、しかもコロンブスが読んだラテン語版もあるというところにも胸が熱くなりました。


駒込・六義園のお隣で、TRC本社からは歩いても電車でも30分ほどです。
本社にお越しの際はぜひ足を伸ばしてみてください。

2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク