日刊新刊全点案内

10月22日の新刊件数

219件

10月22日の新規著者数

78件

new01.gif

↑ 一覧が開きます(毎日更新)


TRC新刊図書オープンデータ

毎週土曜日更新です

利用規約

データ部ログへようこそ!

こちらは「図書館の本屋さん」こと株式会社図書館流通センター(TRC)の
データ部による、MARCと本に関するブログです。
pink2.gif TRC MARCに関する情報をお探しの方はこちら。
red.gif とにかく本が好きな方には本のご紹介もあります。
orange.gif 一息いれたい方はこんなコンテンツをどうぞ。


2020年10月23日

ノーベル賞作家の本を見つける ~TOOLiで探そうQ&A~

今月はノーベル賞の発表がありました。
ノーベル物理学賞ではブラックホール研究の功績者たちに賞が与えられ、昨年に続き宇宙関係の分野での受賞が、個人的にとても興味深かったです。
さて。

Q.新たな本と出会いたい!なにかおすすめはありますか?
A.うちで過ごす時間が増え、お気に入りの作家の本は一通り読み終えてしまったという方にノーベル文学賞の作家の本をおすすめしてみるのはいかがでしょうか。
といっても受賞作家の名前、なかなかぱっと浮かばないな、浮かんでもスヴェなんとか...といったような?と部分的にしか覚えていない!
そんなときはTOOLiの典拠検索画面から「すべての項目」で「ノーベル文学賞」と入力して部分一致で検索してみましょう。
「ノーベル+賞」なら分野を限定せずに探せます。

これまでも何度かご紹介してきたように、
MARCや典拠ファイルは一度データを作成したあとも、
いろいろな情報を追加するメンテナンスをしています。
受賞情報もそのひとつです。
ノーベル賞は人に与えられるので人名典拠ファイルに、
芥川賞や直木賞などは、該当の図書のMARCと著者の典拠ファイル、両方に追加をしています。

なじみのある欧米圏やアジア圏のみでなく、ハンガリーやポーランド、トルコなど普段なかなか自ら手に取る機会が少なそうな作家にも出会えます。

ちなみに今年文学賞を受賞したルイーズ・グリュックの著書は、残念ながらまだ邦訳がなく、詩作品は内容細目ファイルの作成対象外なのでTOOLiでもヒットなし。典拠ファイルもありませんでした。今後の翻訳本の刊行が待たれます。

2020年10月22日

秋の朝

秋に行くキャンプが好きです。
まず人が少ない。そして虫が出ない。暑いのも寒すぎるのも苦手なので、気候がちょうどよいこの季節が私のベストシーズンです。

一番の楽しみは、朝早く起きてのんびりすること。一度目が覚めたら、二度寝するなんてもったいない。厚着をして静かに外に出て、まずお湯をわかします。キーンとした空気の中で飲むのはカフェラテかココア。普段はあまり甘い飲み物は飲みませんが、この時ばかりは、なぜか甘くて濃厚なのが飲みたくなります。カップで手をあたためながら、周りの景色をながめ、とにかくぼーっとしている時間が至福の時なのです。
そのうちに山のむこうから徐々に陽がさしてきて、体が温まってくる頃には、周りのテントがだんだん活動を始めます。朝ごはんの匂い、昨晩の食器を片付ける音、子どもたちがはしゃぐ声が聞こえてきて...一日が始まります。

しばらくキャンプには行けていないので、これを書いていて懐かしくなってきました。ベランダに椅子を出して、高い秋の空をながめてみようと思います。

2020年10月21日

きょうのデータ部☆(10/21)

指先の冷えや関節の痛みから
秋の到来を感じる今日この頃...でしたが、

20201021.jpg

目にもさやかに見えておりました。

2020年10月20日

土俵の中の審判員?

本日は「週刊新刊全点案内」2181号の発行日です。
掲載件数は1037件でした。


*こんな本がありました*

大相撲行司の松翁と四本柱の四色

根間弘海(著)
専修大学出版局(2020.10)

まず表紙の相撲絵が気になった。
明治期の菱川春宣筆なるもの。
あれ?四隅に控える審判員が土俵の中にちょっと入っちゃってますよ?

裏表紙の相撲絵も気になった。
野天での興行、江戸時代のものだろうか?
やっぱり審判員が座布団もろとも半分くらい土俵の中に入り込んでる!

そしてタイトル。
「大相撲行司の松翁と四本柱の四色」
大相撲の行事と言えばご存じ、木村庄之助と式守伊之助。松翁って誰だろう?現在の大相撲の土俵からはなくなってしまった柱、その昔は色付きだった?

続いて著者の根間弘海氏(専修大学名誉教授)。
本職の専門は英語音声学。趣味は相撲(特に行司)。
え!趣味でここまで専門的な本が書けてしまうの!?

もともとは裸足だった行司が、草履、足袋を履く過程(地位としての足袋)など、興味が湧きます。一歩踏み込んで相撲を知りたくなりました。

2020年10月19日

便利!新刊案内の巻末記事②

毎週発行している『週刊新刊全点案内』。その裏表紙をめくったところにあるカラーページ、週ごとに4種類ご用意している「巻末記事」をご紹介するコーナー第2回です。


《文学賞等受賞情報》
毎月第3週目に掲載しています。(明日発行の2181号をぜひご覧ください)。
文学賞をはじめ、毎月たくさんの本に関する受賞が発表されています。その中から主だったものを、1か月分まとめて情報としてお届けしています。
文学賞については、TOOLiの受賞情報で検索することもできますが、巻末記事では、本として発行される前の作品の受賞や作家本人に贈られる賞なども確認できます。


《月間べストセラー・ランキング情報》
第4週目は、月間のベストセラー・ランキングの情報です。
取次から提供された情報に基づいて、文庫を除いた前月分のベストセラーを3種類掲載しています。

① 総合ランキング10
② 単行本フィクションランキング10
③ 単行本ノンフィクションランキング10

図書館だけでなく、書店ではどんな本が売れているのか、選書の参考にしていただければと思います。

以上、2週にわたって巻末記事についてご紹介してきました。
ついつい見逃しがちな、新刊案内の最後のページ。ぜひチェックしてみてください!

2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク