« 2021年3月 | メイン

2021年4月 アーカイブ

2021年4月 8日

春来たりて

コロナ禍により昨年から家の中で過ごす時間が増えて、お花屋さんに寄るスーツ姿の男性なども見かけることが多くなりました。
我が家は祖母と母が花好きで、庭いじりをしている姿をよく見ていたこともあり、花がある生活は身近でした。
小さな庭の花をすこし摘んで、居間に飾るという光景が日常で、祖母の家へ遊びに行ったときは庭のホオズキをもらうのがいつも楽しみでした。そんなこともあって、ちょっとした花たちをそっと活ける生活に親しみを感じていました。
日々の中に花とはいえ生き物があるということは、とても心が癒され元気になるな、とこのところとくに感じます。
緑が空間のなかにあるだけで、なんだか気持ちも晴れやかに。
春のいまこの時期、オオデマリやコデマリにナニワイバラ、モッコウバラが咲いていて庭は一年の中で一番華やかです。
ご近所を散歩していても、あちこちで花が元気に咲いているのを見ると和みます。花粉症さえなければ、春はいい季節だなあ。
ナニワイバラは先週花がようやく一輪咲いてほっこりしたのですが、今週になると一斉にたくさんの花が開きました。春の訪れを喜んでいるかのような、溢れんばかりの生命力を感じます。
オオデマリと似た名前のコデマリは、小さな花があつまって毬のような球体になっていて、かわいらしくて癒されます。
私はミモザがお気に入りの花のひとつなのですが、先月、3月8日はミモザの日だったようです。
しばらく部屋に飾り、瑞々しさが失われたあともそのまま自然乾燥させ、スワッグにしてみました。
鮮やかな黄色が抜けて落ち着いたアンティークのような色合いもまた魅力的です。
毎日の暮らしのなかに花がほんのすこしあるだけで、彩りを添えてくれますね。

2021年4月 9日

個人名典拠特別訂正を実施します ~典拠のはなし~

みなさま、こんにちは。典拠班の木内です。

来週、個人名典拠特別訂正を実施いたします。

個人名典拠特別訂正は、個人名典拠ファイルの読み(カタカナ形)を訂正するものです。誤植ではなく、初期の著書に表示された読み方と近年刊行される著書に表示される読み方に違いがあり、途中で読み方に変更があったと判断できたものが対象。その中で、図書館での所蔵が多く見込まれる、タイトルや図書記号の変更が含まれるなど、図書館への影響が大きい典拠ファイルで実施しています。
この訂正により、MARC上の人名(著者名、件名等)の読みと図書に表示されている読みが一致するようになり、違和感なくより便利にご利用いただけます。


今回訂正する典拠ファイルは下記の3件。
・大島史洋(オオシマ,フミヒロ → オオシマ,シヨウ)
・小野一光 (オノ,カズミツ → オノ,イッコウ)
・佐々木喜善 (ササキ,キヨシ → ササキ,キゼン)
※更新データは4/17(土)提供分に収録されます

この訂正に関するご案内は、
・「週刊新刊全点案内」2203号(3/30発行)同封物
・TOOLiお知らせページ
こちらで詳しくお知らせしておりますので、ぜひご覧ください。


これまで実施した個人名典拠特別訂正については、TOOLiお知らせの「これまでの個人名典拠特別訂正[訂正用データ]」に掲載されています。
 <過去の実施例>
・佐藤雅美(サトウ,マサミ → サトウ,マサヨシ)
・深谷忠記(フカヤ,タダノリ → フカヤ,タダキ)
・二宮清純(ニノミヤ,キヨスミ → ニノミヤ,セイジュン)
・下村博文(シモムラ,ヒロフミ → シモムラ,ハクブン) ほか


データ部典拠班では、図書に表示されている読みと典拠ファイル統一形で相違があるものについて継続的に調査を行っていますが、その中で多い傾向にあるものは、清濁の違い。そして、音訓の違いです。

清濁の違いはわたしたちの日常生活でも多く見られますが、誤植か変更か、はたまたどちらも使用しているのかを判断するのはとても難しいことが多いです。

音訓の違いは執筆活動の途中で変更する例が多くみられます。はじめは通称であった音読みが、その後活動名として定着していくようです。今回の3件すべても名を訓読みから音読みへの変更でした。
読み方は図書でどのように表示されているか?参考資料ではどの読み方で掲載されているか?訂正したとしても元の読み方で出現する可能性はないか?など、総合的に判断して訂正を決定します。
ただし、坪内稔典のように「トシノリ」と「ネンテン」を併用しているケースもありますので、訂正するか否かは注意深い検討が必要です。


前回の実施は2019年5月、読みの訂正ではなく新天皇即位に伴う訂正でした。ちょうど平成から令和へ年号が変わったとき。今回は約2年ぶりの実施ですので、時の流れを感じます。
この1年はコロナ禍により図書館での調査がままならず歯がゆい思いもありましたが、地道に調査を進め実施の運びとなりました。今後もより便利にTRC MARC、典拠ファイルをご利用いただけるよう、データの維持管理に努めていきたいと思います。

2021年4月 7日

2021年宇宙の旅

本日は「週刊新刊全点案内」2204号の発行日です。
掲載件数は1202件でした。

今月の表紙はこちら。
p20210406.jpg

*イラストレーターコメント*
新年度、新学期という事で最初、新品の文房具をイメージしていたのですが
それが筆記用具となり
新品のはずが・・・
結局、こんな感じになりました。
勉強やら、新しい仕事とか、どこかでちょっとだけ思い浮かべていただけたら!
(Juri)

*こんな本がありました*

るるぶ宇宙」

林公代(監修)
JTBパブリッシング(2021.4)

ガイドブックは今苦しいと思いますが、るるぶはどこにも行けないので、ついに地球を飛び出してしまった...!
『2001年宇宙の旅』から20年を経て、ようやく宇宙の旅も夢物語ではなくなりつつありますね。
大人はもちろん、子どもやヤングアダルトでも楽しめそうな一冊です。

きょうのデータ部☆(4/7)

kojien2.jpeg
広辞苑、MARC作成に欠かせない参考資料のひとつです。
左から4版、5版、6版、7版。
見比べてみると言葉の読み方や語釈に変化があったりして興味深い。

以前データ部内で秘かに盛り上がったのは「イグアノドン」の変遷。研究成果の反映でしょうか。わたしのおススメは4版のイラスト。急いで荷物を運んでいる人みたいだ。なんともユーモラスです。

2021年4月 5日

来年から下がります~新設件名のお知らせ2021年3月分~

明日発行の『週刊新刊全点案内』は、巻頭に「新設件名のお知らせ」を掲載しています。
新設件名は、TRC MARCで件名標目を新たに採用したものという意味で用いていますので、NDLSHから採用したものも含まれています。

2021年3月は2件の件名を新設しました。そのひとつに「成年」があります。

『ジャパンナレッジ デジタル大辞泉』によると、
人が完全な行為能力を有するとみなされる年齢。日本の現行制度では満20歳だが、令和4年(2022)4月から18歳に引き下げられる。(以下略)
とありました。


以前は法律に関係する成人には「民法-総則」と「成人期」の
2つの件名を使用していましたが
「成人期」の件名の参照分類は143.6 壮年心理、本来は心理学的な発達段階を表わす言葉なんですね
来年から成人年齢が18歳に引き下げられることから
関連書籍が増えたので「成年」の新設に至りました。

今後は
成年→法制度に対して用いる
成人期→心身の発達段階に対して用いる
となります。

親の同意がなくても契約ができる年齢が18歳に引き下げになります。
結婚ができる最低年齢が女性は16→18歳に変更されることで、
男女とも18歳に揃うこともあれば、
飲酒、喫煙、公営競技は20歳据え置きなど、
変わらないものもあります。
変更事項がたくさんあって一度に把握するのは大変そうです。

成人したのがだいぶ前なので脳が追い付いていませんが
少しずつでもアップデートしていこうかと思います。


図解超早わかり18歳成人と法律

南部義典(著)
シーアンドアール研究所(2019.2)


↓こちらは「目にやさしい大活字」

図解超早わかり18歳成人と法律
(目にやさしい大活字)

南部義典(著)
シーアンドアール研究所(2019.3)

2021年4月 2日

4月の特集☆入学祝い・進級祝いに贈りたい本☆その1

4月になりました。新年度の始まりです。
覚えている方もいらっしゃるかと思いますが、データ部ログは昨年4月の緊急事態宣言に伴い更新を停止しました。
その直前に掲載した記事が、こちら↓。連載スタートはできましたが、続きを載せることができませんでした。1年経っての復活です。
今回は昨年の記事の再掲ですが、2回目以降は4月中に不定期に掲載していく予定です。

--------------------------------------
新年度が始まりました! 波乱含みのスタートですが、
こんな時こそ、入学や進級を迎えた子どもたちにステキな本を読んでもらいたいと思います。

データ部メンバーからお祝いにおすすめの本を募りました。4回にわけてお届けします。

1回目は、高校、大学、専門学校などに通うハイティーン向けです。

 ☆。.
 
まずは、青春もの。専門分野や職業の選択にも悩むころ、自分に合った、好きな道を選んで思い切り走ってほしい。

見よ、飛行機の高く飛べるを」

永井愛(著)
而立書房(1998.10)

戯曲です。実際の演劇を見たメンバーの推薦。明治時代の女子学生の熱さに触れてみたい。


どくとるマンボウ航海記
(角川文庫)

北杜夫(著)
KADOKAWA(2018.6)

その後、ソーウツ病で有名になる北杜夫先生ですが、この青春記は不滅です。


 ☆。.

次は、具体的なサポートになる本をガイドする、いわば本の本。
この本を推薦してくれたメンバーは理系の甥御さんの大学入学祝にしたそうです。

77冊から読む科学と不確実な社会

海部宣男(著)
岩波書店(2019.1)


英語の勉強という大義名分で...。受験勉強から解放されて英語を楽しめるといいですね。

スヌーピーコミックセレクション 50's
(角川文庫)

チャールズ・M.シュルツ(作)
KADOKAWA(2015.7)

チャーリー・ブラウン、ルーシー、ライナス...小学生の頃の自分と再会したりするかもしれません。
こういう子いたなあ、三つ子の魂百までなんだろうな。原点を思い出して、将来を考えるのもよし。


 ☆。.

友達付き合いにも悩む年頃、こんな本がお守りになるかも。
重苦しい空気の原因や由来を知ることで、ずいぶんラクになると思います。

「空気」を読んでも従わない
(岩波ジュニア新書)

鴻上尚史(著)
岩波書店(2019.4)


悩めるときには、遠くを見よう! 宇宙の果てまで飛んでいける美しい写真集。
自分の外側の世界ってこんなに広く大きいのだ!

宇宙の地図

観山正見(著)
朝日新聞出版(2011.12)


 ☆。.

贈りたい理由もさまざまです。
さびしいことですが、街の本屋さんは減っています。
たまには、贈りたい子ども、若者と、一緒に書店に行って、ゆっくり話し合いながら本を選べるといいですね。

この企画は全4回の予定です。
おたのしみに。
それでは、また。
(AV 原田)

2021年4月 1日

失敗しないためには

こんにちは。新刊菅原です。
今月の雑記は「植物」。
植物は見ていると癒されますし、
季節の花が咲いている様はとても綺麗ですよね。
ちなみに本社のすぐ隣の桜も先週満開になりました。
そろそろ花吹雪も落ち着いてきた様子。

さて、植物に癒されるためには
自分で育てるのが一番かと思うのですが...
どうやら私は世話があまり得意ではないようです。
これまでいくつか育てたことがありますが、
驚くほど大きくなってしまったり、
逆に元気がなく花が咲かなかったり。
つい先日も鉢植えの様子が妙なので
あわてて調べ物をしたばかりです。

そんな不器用な私が植物とともに暮らし、
綺麗な花を愛でるにはどうすればいいのか。
今気になっているのがプリザーブドフラワーです。
自分で育てるものではないため、
お世話で失敗、という心配は少なそう。
種類が色々あるようなので、調べてみようと思います。

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク