« 4月の特集☆入学祝い・進級祝いに贈りたい本☆その2 | メイン | きょうのデータ部☆(4/14) »

気づきにくい思考のくせ

本日は「週刊新刊全点案内」2205号の発行日です。
掲載件数は1271件でした。

*こんな本がありました*

情報を正しく選択するための認知バイアス事典

情報文化研究所(著)高橋昌一郎(監修)
フォレスト出版(2021.4)

インターネットが手元にある日常が当たり前になって、私たちの周りには数多くの情報が溢れるようになりました。
その分、嘘の情報もたくさん流れてくるので、どの情報が正しくて信用できるものなのか、自分で見極める必要もあります。
しかし、自分の頭だけで考えるとどうしても先入観や思い込みによって見方が偏ってしまうこともあるでしょう。
こちらは、そんな誰もが持ってる様々な「偏った見方」、認知バイアスを解説した本です。

「ついつい周りの行動に自分も合わせてしまう」「やるなと言われたことがやりたくなる」「人は自分の見たいもの以外の情報には目を閉ざしがち」...そんな身に覚えがあるかもしれない認知バイアスが論理学・認知科学・社会心理学の3つの分野から計60項目掲載されています。

これらのバイアスはどうしても自分たちから切り離せるものではないですが、それがどういうものかを知ることができれば、何かを考える時にも役に立つんじゃないか、と思いました。
毎分、毎秒の単位で流れてくる無数の情報にも、こういった事柄を参考にしながらうまく付き合っていきたいものです。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2024年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク