« きょうのデータ部☆ (1/30) | メイン | 2月の予定! »

DDT(誰が何処で使ってるの?!)

本日の雑記、何を書こうか途方に暮れていたところに、天啓のように現れたのがこちらの本。現在MARC作成中ですので、書店の棚に並ぶのはもう少し先かと思いますが、一足早くご紹介します。


北原 保雄
「もっと明鏡」委員会

大修館書店(2008.2)
発送可能時間


FK(ファンデ濃い)、IT(アイス食べたい)、3M(マジでもう無理)、MHZ(まさかの匍匐前進)…。KYと書いて「空気読めない」と読むようなローマ字略語を、のべ400語収録しています!私が辛うじてわかったのはKYと、JK(女子高生)、そしてMMK(モテてモテて困っちゃう)のみ。一体、誰が何処で使っているのやら…と思いつつ、HD(鼻毛出てる)なんて言葉は、結構実用的かもという気もしてきたからコワい。

KYという言葉はあまり好きではなかったのですが、ここまで集大成されてみると、ひとつの言葉の文化として興味津々です。出版社は、言葉や語学の本で御馴染みの大修館書店。さすが老舗、感度が高くてBK(バリカッコイイ)! …厳しい。。。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/388

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク