« 長崎市立図書館探訪記・4 | メイン | きょうのデータ部☆ (5/7) »

目録2nd stepスタート~手をかけて作ってます~

毎週金曜日に、「典拠」「分類/件名」「目録」と持ち回りで連載しておりますMARC MANIAX。久しぶりに「目録」にお鉢がまわってまいりました。思いおこせば、前回集中連載したのが昨年の8月~10月。いつの間にやら半年以上経ってしまいました。今となっては何を連載したか覚えている方は…身内以外にはいないかなぁ(涙)

(気を取り直して)前回の集中連載の一大テーマは、「簡単な目録を作ってみよう」でした。「タイトル」「カナ読み」「責任表示」「出版者」など、目録の骨子となる事項のさわりを説明し、目録を採るとはどんな作業なのかをイメージしていただくことを目指しました。


それでは今回は?
アドバンスコースとして、骨組以外の沢山の枝葉、TRC MARCに盛り込まれている様々な項目から、ピックアップしてご紹介しようと思います。前回の連載を読んで、「この程度の内容なら、出版社や取次が作るデータで十分じゃないの?」と思ったあなた。「要は、本に書いてあることを転記すりゃ良いんでしょ?仰々しく言う程のこともない」と思ったあなた…に、目録の「手仕事」な部分をお伝えできればと。

ただ本を管理するためだけの目録ではない、後々本を探す人にとって有用な情報を、我々は短い時間の中、鵜の目鷹の目で拾ってMARCに盛り込んでいます。その一端をお伝えできたなら、と思います。280万件のデータベースを駆使し、人が手に取って繰って確認する中でしか採れない項目の数々。ブログの限られたスペースの中、うまく取り上げることができるか甚だ不安ではありますが、誕生当初から「図書館のためのMARC」だったTRC MARCの「らしさ」をお伝えすることを目指します。

今しばらくおつきあい、宜しくお願いいたします。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/456

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク