« 母と目録 | メイン | 原爆忌を前に »

門番の法律って?~新設件名お知らせ7月分~

本日発行の『週刊新刊全点案内』は巻頭に「新設件名標目のお知らせ」を掲載しています。

今回お知らせした13件の新設件名のうち、5件は以下のように法律関係でした。
「鳥獣被害防止特別措置法」
「地理空間情報活用推進基本法」
「農山漁村活性化法」
「犯罪収益移転防止法」
「保険法」

なかなか概念を説明しづらい法律がそろいましたが、個人的に一番興味をひかれたのは、「犯罪収益移転防止法」です。
正式名称は「犯罪による収益の移転防止に関する法律」で、金融機関などの顧客の本人確認、取引記録の保存、疑わしい取引の届出義務などを定めており、要は、マネーロンダリング(資金洗浄)対策らしいです。 「ゲートキーパー法」とも呼ばれているようですね。
ゲートキーパーとは門番の意味だってご存知でしたか?
「門番法」で施行されていたら、概念を誤解してしまう人が多かったかもしれません。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク