« どちらにも使える ~新設件名お知らせ2008年12月分~ | メイン | きょうのデータ部☆(1/7) »

富士山へ行こう!!

本日は「週刊新刊全点案内」1601号の発行日です。
掲載件数は1504件でした。

今月の表紙はこちら。

20090106.jpg

松竹梅と、おめでたい気分になります。


*こんな本がありました*

年明けから、関東地方はとてもよいお天気でした。
冬の天気がよい日、東京からでも富士山が見えることがあります。

古くから信仰の対象だった富士山ですが、実際にお参りに行くのはかなり大変。
そこで、信心深い江戸のみなさんは、富士山を造ってしまったのですね。自分のところに。
それが「富士塚」。23区内になんと50ヶ所もをあるそうです。
そんな「富士塚」を紹介したのがこちらの本です。

オンライン書店ビーケーワン:ご近所富士山の「謎」 富士塚御利益散策ガイド



「行けないんだったら造っちゃえ!!」ってノリが、なんだかとても楽しいです。
そしてその信仰が、今でも生きているのがうれしい。
新春のこの時期、この本片手にご近所富士山を巡るのもいいかもしれません。

ちなみにわたくし、千駄ヶ谷にある富士塚には登ったことがあります。たぶん散歩の途中に迷い込んだのだと思われますが、富士塚がこんなにメジャーなものだとは全然知りませんでした・・・。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/630

コメント (1)

典拠 望月:

自己レス。
「新刊案内」の表紙、きものの背中の部分にある白いシルエットってもしかして…富士山!?
うわ、全然気付いてませんでした。こんなところにつながりがあるとは!

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク