« きょうのデータ部☆(3/23) | メイン | 出版年月で検索するときに・・・ »

「五月三十五日」-わたしの思い出の本

こんにちは。新刊目録の土屋です。
思い出の一冊を紹介する企画、第6回。私の一冊はケストナー作「五月三十五日」です。

オンライン書店ビーケーワン:五月三十五日 改版
五月三十五日 改版
(ケストナー少年文学全集)
ケストナー
高橋 健二

岩波書店(2006.6)
発送可能時間

ケストナーと言えば「飛ぶ教室」や「エーミール」シリーズが有名ですが、私は断然「五月三十五日」押しです。
五月三十五日にタンスの引き出しを通って様々な世界を旅する…というシチュエーションにとてもワクワクしました。
この本を読んでから数年間は、五月のおわりから六月はじめ頃になると(なにしろ三十五日!なので)、自分の部屋のタンスの引き出しを一生懸命のぞいた記憶があります。


わたしの思い出の本、次点はこちら

オンライン書店ビーケーワン:もりのへなそうる
もりのへなそうる
(福音館創作童話シリーズ)
わたなべ しげお
やまわき ゆりこ

福音館書店(2002.2)
発送可能時間

細かい内容は覚えていませんが、大笑いしたことだけは覚えています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1211

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク