« 夏休みの終わり~分類/件名のおはなし・25~ | メイン | 夏休みの宿題に »

ASで作成するデータについて~ASのお仕事~

こんにちは。
ASの横山です。

今回は通常のお仕事の応用編です。

ASでお受けする目録データは基本的に所蔵資料をお預かりするなどして一から新しく作成するものですが、そうではない場合もあります。

図書館である資料の整理を計画されているとき、システムには取り込まれていないもののすでにデータをお持ちのことがあります。

管理用リストとして自館で作成されていたものや書店からの納品リストなどで、最小限の項目の簡易なデータであることが多いのですが、これらを利用して取り込めるフォーマットに加工します。

もちろん単純に変換するだけではなく、図書館ともご相談しながら、元データの誤りを修正したり、タイトルのヨミや著者の典拠を付加したり、現物を確認して大きさを調べたり、新たに請求記号を付与したりと、なるべくTRC MARCの形に近づけるようにしています。

ただ、元データがTRC MARCの目録のとりかたと違っている場合、どこまで合わせたものか悩むこともしばしばです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1315

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク