« きょうのデータ部☆(10/19) | メイン | ねこ(猫)←色白のおどりんこ? ~分類/件名のおはなし・27~ »

わたしの思い出の本~ぼくがぼくであること~

小学校低学年の頃、もらったお年玉で本「お話のおもちゃばこ」 を買いました。
お年玉が千円だったのに、たしか980円で買った覚えがあります。
(両親には褒められましたが、すぐ上の姉にはケゲンな顔をされました。)
学校の推薦図書リストから、好きな本を選んで注文したもの。
大枚をはたいて(?)1冊を選び出すのですから、
すごく悩んでドキドキしながら決めたような…。
でも今考えると、「品数豊富な欲ばりメニュー」の1冊ですね。

当時うちはきょうだいが多かったからか、
近くの本屋さんが定期的に本を持ってきてくれていました。
ネット注文できるはずもなく、ひとりで電車に乗ったこともない
(実は乗り物に弱い)子どもだったので
お下がりの本はたくさんあったように思いますが、
普段味わえない新しい本を手にしたと同時に、
初めて自分のお金で買った本の、
紙のにおいや手触りの心地よさは、格別だったように思います。

また、小学生で初めて寝食を忘れて読みふけった本が
近所の図書館で借りた
ぼくがぼくであること
等身大の主人公に共感し、
自分と向きあうきっかけを作ってくれた本かもしれません。

先日、国立天文台内にある「三鷹市星と森と絵本の家」で
子どもの頃に買ってもらった
「チムラビットのぼうけん」を見つけ、

オンライン書店ビーケーワン:チム・ラビットのぼうけん
チム・ラビットのぼうけん
(チムとサムの本)
アリソン・アトリー
石井 桃子
中川 宗弥

童心社(1979)
発送可能時間

懐かしさと同時に、
装丁が当時と同じ、きいろやピンクの
色合いだったことに、ほっとしました。

それにしても、どの本も内容の記憶はおぼろげで、
その頃の状況は思い出せるのに、
本のイメージしか頭に残っていないのは、
小学生だったからなのか、あまりに遠い記憶なのか…。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1359

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク