« きょうのデータ部☆(12/14) | メイン | お客さま係の年度末 »

風にのってきたメアリー・ポピンズ ~わたしの思い出の本~

小学生のころ、友達数人と担任の先生のお宅に遊びに行きました。
お菓子やジュースを出していただいて楽しく過ごし、帰る時間に皆で身支度をしていると、先生が自分の書棚から本を1冊出して、「こういうの読んでみたら。」と私に薦めてくれました。
それは丁度私が親に買ってもらって読んでいた本で、「私いまこれ読んでるんです。」と告げると、「まぁ、やっぱりこういうの好きだと思ったのよ。もう読んでいたのね。」と言ってくれました。
先生は、私の読書を当てたことがとても嬉しそうで、私も、先生が自分のことを見ていてくれたんだと思い、お互いににっこりしました。
それがこの本です。

オンライン書店ビーケーワン:風にのってきたメアリー・ポピンズ 新版
P.L.トラヴァース
林 容吉

岩波書店(2000.7)
発送可能時間

定番ですが、メアリー・ポピンズが優しいというよりはテキパキと仕事をこなし、王様や動物とも知り合いなセレブ(?)ぶりに当時は畏怖を覚えたものでした。
人に本を薦めるのは難しいですが、喜んでもらえたらとても嬉しい。
いつまでも忘れない宝物のような思い出です。



もうひとつ。

オンライン書店ビーケーワン:大どろぼうホッツェンプロッツ 改訂
オトフリート=プロイスラー
中村 浩三

偕成社(1985)
発送可能時間

話の中に出てくる、おばあさんの大切なコーヒーひきが欲しくてたまりませんでした。
オルゴールが入っているのか、ハンドルを回すと曲が流れるというもの。
しかも、ホッツェンプロッツに盗まれ取り返した時には、妖精のはからいで曲が二重奏になっているのです。
子どもの頃にはコーヒーミルなどというハイカラなものは家になく、大人になってごく普通のものを買いましたが、オルゴール内臓のものには出会えていません。
作者プロイスラーの国、ドイツに行けばあるのでしょうか。機会があるごとに知り合いに話しますが、そういう代物を知っている人はいませんでした。
今も探しているのですが、見つかってしまうとそれはそれで寂しいのかなあと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1400

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク