« きょうのデータ部☆(6/6) | メイン | 名前じゃないもの ~典拠のはなし~ »

学級文庫 ~身近な本の貸し借り~

子どもの時に読んだ本を結構とってあります。その中に自分のクラスと名前を記入しているものがありました。
たぶんその本は学級文庫に持っていったものと思われます。小学校低学年の頃、教室の一角に面白かった本を置いておき貸し借りするコーナーがありました。貸借の記録はノートに手書き。
そんな小さな身近な本の貸し借りは大人の間でも行われていたかと。当時、集合住宅に住んでいましたがベストセラーと言われる本をお父さん、お母さんが回し読みしていたようです。確か五木寛之著『青春の門』だったような、時代が偲ばれます。
時代は変わり誰もがベストセラーに手を伸ばすとは限りませんが、それでも図書館で予約待ちになったりしますね。もし身近にその本を読んだ人がいたら待たなくすみますね。
今でも面白かった本があると友人に薦めたりしますが、皆さんもそんなやり取りをしていますか?

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1542

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク