« 大人も読みたい「西遊記」 | メイン | MARCのおもな項目(ダイジェスト第12回) »

机の上の東北

こんにちは。分類/件名 鈴木です。
東北にかかわる雑記、3回目にして最終回。

ここまでの流れから「行ってきました東北!」となるとウツクシイのですが、そのようなこともなく...、そもそも東北に遊びに行ったのもずいぶん前のこととなりました。(それも「それは新幹線を使いましたか?」と質問されそうな"前")


この仕事ならではの"東北"というと、北杜夫、伊坂幸太郎、熊谷達也、井上ひさし、中村征夫、高橋克彦、恩田陸、伊集院静といった名前が浮かびます。(あまりに貧困ですが、あくまで個人的な印象ということで)
そしてなにより"図書館体操"!!
MULU:みちのく図書館員連合の庄子さんが考案なさったということですが、ご覧になりましたか?
仕事中、ふとしたはずみで思い出し笑いをしそうで要注意なのですが...。


TRCデータ部も当然のことながら力仕事が多い部隊。
本がぎゅぎゅっと詰まったダンボールを運んだり、積み上げられたムックを移動したり(児童書のみならずこれが意外と重い)。荷物満載のブックトラックや台車での接触事故や衝突事故がおきぬよう、運転技術に磨きをかけたり...。
もう、図書館体操のあれもこれも役立つことこのうえなし。ただ、"タトル"だけはICタグに心のなかでそっと入れ替えます。


みちのくの図書館ではこんなことが...。
というわけで、やってみよう!、という方はこちらへ。ただし、机周辺のスペースにはお気をつけください。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク