« きょうのデータ部☆(11/13) | メイン | ゆるキャラ割拠 ~典拠のはなし~ »

とびだす!

データ部の棚の整理をしていたらこんなものが出てきました。
目録カード100枚入りの箱です。
p20131114-1.jpg
箱にカード・キャビネットの容器の広告が印刷されていまして、図解入りのそちらが面白くてついつい読んでしまいました。

「在来の"ねぢ込み丸棒"より数倍迅速 能率向上」の「特許"スプリング丸棒"」・・・ほうほう。
丸棒とはカード下部の穴に通してカードのとび出し等を防止するもの。棒の頭がひきだしの表板に出ています。
この広告の図書カード・キャビネットは各ひきだしの表板下のかげにボタンがあり、そこを押すと棒がとび出すしくみのようです。
「指で押し込むと前板面一杯棒の頭が入り」「衣服をひっかけたり、じゃまになったり、いたづらされたりしない・・・」なるほど。

広告を読んで、個人的に「あの時の原因はこれだったのかー!」と思いました。
むかーし私がまだ学生の頃の話です。
大学図書館でカードを繰って本を探していたのですが、突然「パチーン」という何かが外れる不吉な音が・・・。
そうです、カードを貫いていた棒が外れたのです。
なぜ突如として棒が出てきたのか全く分からず、当然どうやって直したらいいのかもさっぱりわからず、しかし、こういう時に限って近くに職員さんが見当たらない!

なんとか棒を押し込もうとしますが、大学の図書カード・キャビネットは大きくて、引き出しもかなり奥行きが深いためでしょうか、穴がずれてしまってなかなか棒が通らないのです・・・。
冷や汗をかきました。なんとか棒を押し込んだ後も、いつまた飛び出してくるかと戦々恐々。

あの時は何が起こったのか釈然としないまま図書館を出ましたが、たぶん、ひきだしをさらに引き出そうとしたときに、「丸棒が飛び出すボタン」に触ってしまったのでしょうね。
積年の謎がいま解かれた!は大げさですが、ちょっとすっきり。
カード・キャビネットも年々少なくなり、私のような失敗をする人もほとんどいなくなってしまったかも。
いまとなっては貴重な経験かもしれません。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1933

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク