« データ部ログ ダイジェスト第2弾4回目~分かちで検索~ | メイン | ぬくもりをもとめて »

2013年の新設件名を振り返る

2013年も終わりが近づいてきましたね。今日は、今年新設した件名を振り返ってみたいと思います。

この1年に新設した法律名の件名を見てみると、ぼんやりとではありますが、時代の空気を感じられる気がします。

「再生可能エネルギー特別措置法」
「劇場法」
「社会保障制度改革促進法」
「都市の低炭素化推進法」
「環境配慮契約法」
「子ども・被災者支援法」
「宅地造成等規制法」
「消費税転嫁特別措置法」

ちなみに、多くが2012年以前に成立した法律です。
法律が成立し、それを主題とする本が出版されて、はじめて件名として新設するので、法律の成立から件名新設までは少し間隔が空くことになります。

法律名は通称で作成することもあり、上記の「劇場法」の正式名称は「劇場、音楽堂等の活性化に関する法律」です。
この法律は、劇場や音楽堂などの実演芸術を上演する文化施設について、法的な根拠を与え、国や地方自治体に、財政面などで必要な環境整備を即すものだそうです。これまでの貸し館中心の運営を行う劇場から、専属劇団や楽団を持つような創造型の劇場に変えていって、日本の芸術文化水準を向上させよう!というのが目的とのこと。賛否両論あるようですが、今後の動きが気になります。

その他、今年らしいトピックとしては、このあたりでしょうか↓
「出生前診断」
「コミュニティ放送」
「被災者支援」
「認定こども園」
「少額投資非課税制度」
「世界農業遺産」

ダイオウイカブームのせいか、深海がテーマの本も多く目にしました。そこで、こんな件名も新設↓
「深海海洋学」
「深海生物」


さて、来年はどんな件名を新設する年になりますか。少し早いですが、良いお年をお迎え下さい。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1949

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク