« きょうのデータ部☆(2/5) | メイン | データ部ログダイジェストの目次 »

思い出の名演技

明日からソチ・オリンピックがはじまりますね。

開会式のリハーサルのニュースを見ましたが、
冬季オリンピックの開会式は、雪を使った演出があったり
夏とはまたちがう幻想的な印象があります。
ソチの街中はかなり暖かいそうですが、
どんな演出があるんでしょうか。たのしみですね。

先日社内で冬季で思い出に残っているのは?という話をしたところ、
長野オリンピックのスキージャンプ団体をあげる人が多かったです。
吹雪のなかの大ジャンプと原田選手の涙は印象的でしたものね。

私が個人的に鮮烈に覚えているのは、
アルベールビル・オリンピックのアイスダンスの金メダリスト、
クリモワ&ポノマレンコ組の演技です。
G線上のアリアにのって演じられたプログラムは
なめらかで、美しくてドラマティックで...
あまりにも美しかったので、見おわって茫然としてしまいました。
(たしか実況解説も演技中はほとんど無言だったような)

さっき、アルベールビルって何年前だっけ?と調べて
20年以上もたっていることに別の意味で茫然としましたが...
「冬季オリンピック」というと今でもあの演技が一番に思い浮かびます。


氷上の舞  煌めくアイスダンサーたち

田村明子(著)
新書館(2012.5)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1986

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク