« 美しき摩天楼 | メイン | ぶー子、NDCに迫る! 第2回 »

ぶー子、NDCに迫る! 第1回

こんにちは、データぶー子です。
今日から、企画記事「ぶー子、NDCに迫る!」をお届けいたします。


「NDC」とは「日本十進分類法」の略。
TRC MARCでは現在、図書の主題(テーマ)を、
『日本十進分類法』の新訂9版および新訂8版に則って分類しています。

なんだか難しそう...って、思います?
でも、図書館をよく利用する人であれば、
「2」の棚には歴史や地理の本があって、
「9」の棚には文学があって...ということをご存知だと思います。

この数字こそは分類記号の1桁目(第1次区分:類と呼びます)。
一番大きな分類のくくりです。

今回の企画では、分類記号の左端にある1桁目の数字の意味に迫ってみます。
NDCの世界を、おおまかにとらえましょう。


0類:総記
百科事典や年鑑、新聞や雑誌、論文集などのグループ。
1~9のグループにあてはまらない本もここに分類されます。

ぶー子目線で、もちょっと詳しく!!

databuko10.gif


・ 002 知識.学問.学術を全般的に扱ったもの
・ 007 情報科学:情報科学一般とソフトウェア
  ※ハードウェアは→情報工学(548)

・ 010/029 図書館.図書.書誌学.出版.書誌・目録
・ 069 博物館 
  ※美術館は→706.9、科学博物館は→406.9

・ 070 ジャーナリズム.新聞 
  ※出版は→023、マスコミ→361.453、テレビ・ラジオ→699


☆こんなものも0類

031.4 事物起原 ...『明治もののはじまり事典』
031.5 名数.番付 ...『ギネス世界記録』
031.7 クイズ.なぞなぞ集
049 雑著 ...『最強の雑学王』『大人にウケる子どもの質問』


☆。.


クイズやなぞなぞ集が0類なんて、知らなかった!
ゲームとは違うのね。

0類の棚のイメージは、調べ物をするときや、
物知りになりたいときに行く感じかしら。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2059

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク