« きょうのデータ部(3/18) | メイン | 「飛び出す絵本の探し方」~MARCで探そうQ&A ダイジェスト 第5回~ »

カルチャーショック

今月の木曜ブログテーマは『鉄道』です。


日本の鉄道は正確で親切、
と身をもって体験できるのが海外に行った時です。

私の海外鉄道デビューはインドでした。

ガイドさんに切符を渡されて記載されているホームに行ったら
まず、違う行先の電車が入ってくる!
駅員さんに確認して(いつの間にか)変更になったホームへ移動。
今度は定刻になっても列車が来ない...
結局20分遅れで目的の電車が到着。
そして特にアナウンスもなくいつの間にか出発進行~
ガイドさん曰く、時間表通りに来る方が珍しく、
日本のように親切に行先を連呼してくれることもないそうです。
(十数年前のことなので、現在は鉄道事情も変わっているかもしれません)


お茶とお弁当付きの2等列車でしたが
食事の時に出されたミルクティーがほんのり甘くて美味しかったなぁ。


到着してから紅茶工場でファーストフラッシュや
セカンドフラッシュを試飲する機会があったのですが、
正直電車で出されたミルクティーが一番好みの味でした。

現地ガイドさんに電車のミルクティーの茶葉は何だったのか聞いてみたところ
「あれはクズ茶。工場のお茶の方が美味しいデスヨ」と薦められる始末。
まぁ商売上そうなるのは致し方ありませんでしたが
その後電車の行程がなかったのであのミルクティーは幻の味となってしまいました。

食堂車付きの電車と縁のない私の中では、
未だに電車旅の味=ミルクティーとなっております。


いつか乗ってみたい世界遺産の
ダージリン・ヒマラヤ鉄道が載っている本がありました。

「世界の鉄道

パイインターナショナル(2013.2)

再びあの味に巡りあえるのを夢見ています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2285

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク