« きょうのデータ部(5/20) | メイン | EDIXにて »

子どもから大人へ

子どもから大人へ

今月の雑記のテーマ「子ども(時代)の勘違い・思い込み」です。
ある日、学校にだいぶ慣れてきたようすの一年生の娘。
ときどきお友達が一緒でない時もあったようですが
「妖精とお話しながら学校に行ってるから、寂しくないよ」と言いました。
まだまだ純粋だった?わが子に、癒された気がしました。
子どもの思い込み、バンザイ!

その後4年生の頃、肩を並べて歩いていると
「もうママとは手をつながないね。
でも、ママが嫌いになったわけじゃないから。
 一応言っておくね。」と言いました。
まだまだ、子どもだと思い込んでいた私は、
突然の発言にびっくりして「うん。わかった。」と答えることしかできず
すでに、親と手を繋ぐことが恥ずかしいと思い始める
年頃になっていたことに気づかされました。

いつか、「あの時は、きちんと伝えてくれてありがとう。」
と言おうと思っているのですが、
「えー、そんなこと言ったっけ?」で終わってしまうのかな。


子ども時代ではありませんが、入社当時のこと。
MARCを作成するため、図書館から送られた荷物を
帳票などに書く仕事が与えられ、
「預かり~」の文字を記入する際、
ほかの帳票を見て目が点になりました。
「預かり」の偏を「矛」と思い込んでいた自分に気がつき、
「預金」と書く時など、ずっと「矛」+「頁」で...。
恥ずかしい思いが湧きあがり、穴があったら入りたい気持ちになりました。

その後、勘違い・思い込みは数知れずではありますが、
書き言葉について言えば、データ部に所属して以来
数多く気付くことができます。(仕事に感謝)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2323

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク