« きょうのデータ部☆(11/18) | メイン | 分類フォーラム、ご参加ありがとうございました »

あなたの食欲はどこから?

11月の雑記のテーマは「データ部の別腹」
ということで、甘味紹介的な記事をひとつ。


ドラマや映画を観ていて、劇中に出てきた食べ物を「おいしそう~」「食べてみたい!」などと思ったことはありませんか?

実写・アニメ問わず、私はわりとしょっちゅうあるのですが、
ちょうど去年の今頃観た周防正行監督の『舞妓はレディ』という映画に出てくるお菓子がまさにそうでした。

『舞妓はレディ』は、津軽弁と鹿児島弁の"バイリンガル"である少女・春子が、京都祇園で舞妓さんになるために、京言葉や芸を学んでいく成長物語。
『マイフェアレディ』のオマージュでもあります。

京言葉のレッスンの途中で、春子が密かに想いを寄せている(私も密かに想いを寄せていた)言語学者の先生が、
「甘いもの食べよか?」と言って、春子にお菓子を差し出すシーンがあります。

先生は素敵だし、春子ちゃんは可愛いし、お菓子はおいしそうだし...で、このシーンにキュンッとなった私は、
映画が終わった後、『舞妓はレディ』のTwitterに思いきって質問してみたのでした。
先生と春子ちゃんが食べていた「甘いもの」、あれは何ですか??と。

そして、京都にある三條若狭屋さんの「ちご餅」というお菓子であることを教えてもらいました(SNS万歳)。
「白味噌を甘く炊いたものを求肥で包み 氷餅をまぶし竹串にさし、三本を1包みした祇園祭に伝わる銘菓です」とのこと(お店のHPより)。

う~ん、やっぱりおいしそう...。

今度京都へ行ったらぜひ食べてみようと画策中です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2440

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク