« ぶう太のデータ部見学記~図書館蔵書編~ | メイン | 今年の一文字 その4 »

今年も沢山ありました(?)

本日は「週刊新刊全点案内」1944号の発行日です。
掲載件数は1596件でした。

2015年の最終号となります。
今年の「週刊新刊全点案内」掲載総件数は65201件でした。


*こんな本がありました*

図書に関わる仕事をしていると、やはりどうしても気になります「誤記・誤植」。
以前に同じ編著者による「誤植読本」が刊行されていますが、「誤植読本」がエッセイの集成であるのに対して、今回は小説が中心のアンソロジーです。


誤植文学アンソロジー 校正者のいる風景

高橋輝次(編著)
論創社(2015.12)

さて、手にとってみたのですが
「「校正恐るべし」「...おそるべし」同じ作品のしかも同じページ内でワレていると気になるなあ」「でも小説だしあえてか」
などと考えこんだり、
「「後世恐るべし」のもじりと書いてあるけどこっちは本来「畏」ではなかったかしら」
と辞書を引きにいったり、なかなか作品鑑賞が進まないのは、テーマがテーマなのでつい校正を意識して読んでしまうからでしょうか。
それとも、タイトルや著者表記の情報源による違いを、日々目を皿のようにして探しているカタロガーの職業病でしょうか。
解題に「校正者の統一ぐせ」なんていう言葉がありましたが、「統一ぐせ」はカタロガーのほうが強いかもしれません。


「週刊新刊全点案内」次号(1945号)は来年1月5日の発行です。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2464

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク