« きょうのデータ部☆(2/3) | メイン | 今週の一冊落ち穂拾い »

「おでん」に入れるもの

2月の雑記のテーマは「鍋レシピ」です。

かなり前ですが、同期の女性3人で寄せ鍋をやったことがありました。
おしゃべりしながら食べ終わってふと気付くと、誰も「アク」を取っていなかった。
何人かで鍋をすると、必ず「アク」をせっせと取ってくれる人が1人ぐらいいるものですが、あいにく3人ともそういうタイプではなかったようで。
こんなアバウトで良いのか? でも、美味しく頂きましたよ。

鍋を仕切る人は「鍋奉行」、アクを取ってくれる人は「悪(灰汁)代官」というのは聞いたことありますが、何もしないで出来上がりを待っている人は、「町(待ち)娘」と言うのだとか。はい、私はこれです。

さて、我が家の「鍋レシピ」は、「おでん」についてです。
和歌山県出身の私の母は「かんとだき(関東炊き)」と言っていましたが、今でもそう言うのでしょうか。
家で必ず入れるのは、人参とロールキャベツです。
練り物が苦手で野菜好きな長女用ですが、人参のオレンジ色が華やかで良いですよ。皮をむいて丸ごと入れます。
ロールキャベツは手抜きの冷凍ものでOK。
肉好き長男用には鶏の手羽元肉を入れます。おつまみにもグッド。
一度茹でてから加えますが、肉の脂でしつこくならないように鷹の爪を1本入れるのは、義母に教わりました。
私のマストは「大根」と「ちくわぶ」。カラシをつけながら沢山いけます。
ここまで「ちくわ」などの練り物が登場しませんが、もちろん入れますよ。

データ部のメンバーからも、おでんに里芋は入れるのか、ジャガイモは?とにぎやかなコメントがありました。

「おでん」は是非入れたいもの、入れたら許せないものが人によって分かれるかもしれませんね。
この冬はあと何回「おでん」ができるか楽しみです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2486

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク