« きょうのデータ部☆(5/18) | メイン | 文庫本のなやみ~分類/件名のおはなし・66 »

拍手喝采


今月の雑記のテーマは「大人になったと思うとき」でお送りしています。

先日、クラシック音楽を聴く機会がありました。敷居が高いイメージがあって普段あまりなじみがなかったのですが、「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」という東京国際フォーラムなどで開催されたクラシックのイベントに行ってみたのです。

テーマに沿ってたくさんの公演が組まれていて、どれに行くか決めるところから楽しかったです。1つの公演が1時間位と短いので、気軽に参加することができました。

今年のテーマは「自然と音楽」。関連する本も出ているのですね。
ナチュール 自然と音楽

エマニュエル・レベル (著)西 久美子 (訳)
アルテスパブリッシング(2016.4)

今回聴いたのは、シューベルトの三重奏です。開演前のしーんとした空気からこちらまで緊張してしまっていたのですが、演奏が始まったら一気に引き込まれました。小さな会場だったこともあり、演奏家たちの一挙一動がよく見え(弦が切れるほど情熱的でした!)、ピアノ、バイオリン、チェロ...と目まぐるしく展開を追っているうちにあっという間にフィナーレ。

演奏が終わって鳴りやまない拍手の中、すごい!また聴きにこよう!と感動しつつ、こんな風に思うなんてちょっと大人になったな~と感じたクラシック初心者でありました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2558

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク