« きょうのデータ部☆(10/12) | メイン | 典拠徒然~典拠のはなし~ »

涙なしには

10月の雑記のテーマは「思い入れのある絵本」です。

小さい頃、母がよく絵本を読んでくれました。
朗読サークルに入会するほど読み聞かせが好きな母でしたので、こちらから「読んで」とせがむ前に「読んであげるからこっちいらっしゃい」と呼ばれることもしばしば。
中でも思い出深いのがこちら。

かわいそうなぞう」

つちやゆきお(ぶん) たけべもといちろう(え)
金の星社(1970.8)

母のお気に入りで、何度も読んでもらった記憶があります。
しかし、涙もろい母は途中で必ず泣き出してしまい、最後まで読みとおせたことがありませんでした。
ああ、また今日も泣いちゃったよ-などとちょっと冷めた気持ちで眺めていたこともありました。

時は流れて自分が母となった今、我が家の本棚にこの本は置いてありません。
母以上に涙もろくなってしまったため、この本をひらいただけで涙腺が緩みそうで...。
「これ、読んで」と言われても、とてもじゃないけれど読み通せる自信がないのです。

泣きながら繰り返し読んでくれた母に感謝しています。


コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク