« きょうのデータ部☆(10/19) | メイン | ロック! ~分類・件名のおはなし・69~ »

はじめて贈った絵本

こんにちは、典拠の木内です。
10月の雑記のテーマは「思い入れのある絵本」。

ですが。

実は私、子どもの頃の絵本の記憶がないんです...。外を走り回ったり木に登ったり、家にいるときは人形遊び、そんな思い出ばかりで絵本の記憶がない...。でも、この雑記テーマをもらったとき、一番に浮かんだ絵本があります。大人になってから出会い、はじめてできた姪に贈った絵本。

おどる12人のおひめさま

グリム(原作) エロール・ル・カイン(え) やがわすみこ(やく)
ほるぷ出版(2015.4)

~12人のおひめさま、ぼろぼろのくつの謎、戦争帰りのまずしい兵士、すがたがきえる上着、地のしたの銀・金・ダイヤモンドの森、12人の王子さまたちと12そうの小舟、向こう岸のすばらしいお城、兵士による謎解き~

エロール・ル・カインの魅惑的な絵に導かれて、夢中で物語に没頭しました。それまで、絵本は文字も少ないしババッと読み終わるもの、という先入観がありましたが、そうじゃなかった!行間を読み解き、絵の中をさまよい遊び、1冊の小説を読むように、時間をかけてページをめくり、想像をめぐらすものだった。恥ずかしながらそんなことを大人になってからはじめて知り、目を見開かされるような驚きがありました。

姪が生まれた時にこの絵本を贈りたい!とすぐに購入しましたが、いやいや気の早い話ですね(笑) 数年間部屋の隅に寝かせて、姪の成長を待ち贈りました。姪はもう絵本を卒業し、わたしの身長を追い越し大きくなりましたが、
--むっちゃん、この絵本のこと覚えてる?--
今度会ったとき、訊いてみたいと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2658

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク