« 利用対象から本に出会う~MARCで探そうQ&A~ | メイン | きょうのデータ部☆(9/19) »

ドーピング

本日は「週刊新刊全点案内」2078号の発行日です。
掲載件数は1172件でした。


*こんな本がありました*

走る、泳ぐ、ダマす

クリス・クーパー(著),西勝英(訳)
金芳堂(2018.9)


ドーピングの最新事情を細かく解説した本です。筋肉量を増やすステイロイドのドーピング、ヘモグロビン量を増やす血液ドーピングを中心に、興奮薬や遺伝子ドーピングなどにも触れています。この手のバリエーションは増すばかりでしょうから、検査・摘発は大変だろうなと思わされます。この本を見ていて、最近感じたもやもやをいくつか思い出しました。


子ども用の栄養ドリンク(戦隊ヒーローラベル)のコマーシャル。
ノンカフェインだそうなので大人用に手を出すと思えばましなんでしょうが、「子ども用~?!」ともやもや。


先日みた、こちらの本も思い出しました。
ZONE シリコンバレー流科学的に自分を変える方法
帯にパフォーマンスが500%アップする!高僧がする瞑想と同じ脳を体験できる、自信がみなぎり驚異の集中力を得る、等あります。科学の力(薬品、脳波のコントロール、瞑想、危険体験etc)で手っ取り早く脳内物質をコントロールする方法が紹介されているようです。自信がみなぎるか~魅力的といえば、魅力的。もやもや。


そんな私も、仕事の時にはコーヒー必須。卒論の時には、某滋養強壮漢方錠剤をなめたことも(集中力が上がるのです!)。あれがなかったら、卒業できなかったかもしれない身。パフォーマンスupへの誘惑は大きいです。ドーピングに眉をひそめるだけでよいのか?ともやもやが増したこのごろです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3125

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク