« 電子コンテンツの話①~コンテンツタイプとMARC~ | メイン | きょうのデータ部☆ (5/15) »

248番目

今日は「週刊新刊全点案内」2110号の発行日です。
掲載件数は912件でした。


*こんな本がありました*


元号通覧
(講談社学術文庫)

森鴎外(著)
講談社(2019.5)

 
1953年刊の「鴎外全集」第13巻に収録されていた原題、「元号考」が手に取りやすい文庫となったのがこの本。私は文豪としてしか認識していなかった森鴎外。晩年は宮内省図書頭(ずしょのかみ、つまり現代でいうところの国立国会図書館長ですね。)を務め、歴代天皇の謚(おくりな)や元号についての研究に執念を燃やしていたそうです。

この本の中身、歴史の授業で習った最初の元号、「大化」(大化の改新でおなじみ)から、鴎外が生きた「大正」までの245もの元号がただひたすらに並んでいます。それだけではありません。1つの元号が決まる際に、一緒に候補に挙がった元号も挙げてあります。それを眺めていると、「明治」が1428年にすでに候補にあがっていたり、江戸時代の最後の「慶応」のときにすでに候補に「平成」が登場していたり、「和平」なんていうのは990年くらいから何度も候補に挙がっているのに一向に採用されていなかったり、いろいろなことが見えてきて面白いです! ちなみに、猪瀬直樹氏の解説によると、248番目の元号となる「令和」は、これまで一度も候補に挙がっていなかったそうです。

子どもの頃、明治生まれだった祖母に「おばあちゃんは、明治・大正・昭和って3つの時代を生きててすごいね!」なんて言った記憶があるのだけれど、私も3つめの時代に突入。子どもに「すごいね!」なんて言われちゃうのかな...。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3291

コメント (4)

通りすがりの元業界人:

あのう…「宮内省図書頭」は「宮内省図書寮」の長なので、現代だと「宮内庁書陵部長」ないしは「宮内庁書陵部図書課長」ではないでしょうか…?
国立国会図書館の前身は「貴族院図書館」「衆議院図書館」「文部省に付属していた帝国図書館」の3館なわけですし…

分類/件名 横山 :

コメント、ありがとうございます!ご指摘の通り、宮内省図書頭を国立国会図書館館長という表現は適切ではありませんでした。国の書物を管理する国立国会図書館のような役割を担っていた…というのは大昔の図書寮で、宮内省図書寮はまた別物でした。不勉強をさらしてお恥ずかしい限り。大変勉強になりました。ご指摘ありがとうございました!

通りすがりの元業界人:

返信ありがとうございます。確かに律令時代の図書寮は国立国会図書館相当ですよね。しかしそれも平安時代には形骸化…無情なものです。
しかし、この記事で書かれている通り、森鴎外は図書頭だったわけで、つまりは「宮内庁書陵部長」だった可能性もあるわけです。
すると、先日イコモスが世界遺産登録を勧告した「百舌鳥・古市古墳群」の管理をする部署のトップだった可能性もあることになりますね。
この記事のおかげで、時事と歴史上の人物のつながりに想いをはせることができました。これからも面白い記事を楽しみにしています。

分類/件名 横山 :

ありがとうございます。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク