« きょうのデータ部☆(8/21) | メイン | 調べる学習コンクール »

読書感想文~長編小説

今月の雑記のテーマは「読書感想文」。

夏休みの宿題で、子供が困っていることを書くことに...と思っていたら、珍しく、「読書感想文は、ない!」(喜)とのこと。
というわけで、自分の体験を。


一番、印象に残っているのは、中2の夏休みの読書感想文の宿題です。

「ジャン・クリストフ」(ロマン・ロラン著)か、
「チボー家の人々」(ロジェ・マルタン・デュ・ガール著)
どちらかを選んで読書感想文を(枚数は忘れました)、でした。

読む量(文字数)が少ない方と考え、私は「ジャン・クリストフ」を選んだのですが(クラスで9割くらいは「ジャン・クリストフ」でした)、新潮文庫で4巻計2338ページありました。
1日60ページずつは読まないと夏休み中には読み終わらない...
読み終わるだけでなく感想文を書かないといけないので、もう少しペースを上げて、1日80~100ページずつくらい、しかも、英語など他の宿題よりも優先させて(感想文の方が嫌なので)、読んだような気がします。
最初はペースが上がらなかったものの、最後はかなりペースが上がったと記憶しています。
もっとも、読んだ後、感想文を書くのにかなり苦戦しました。


改めて図書を手に取ってみたところ、なんと第1巻の標題紙(!)に「最初は全部よみおわるかなあと思った」という鉛筆書きが... きっと感想文の冒頭にこんなこと(「よみおわる」は漢字に直して)を書いたのでしょう。
また、第2巻と第4巻の標題紙にも「P○○」と鉛筆書きがあり、そのページを開くと、印象に残った言葉に線が引かれていました。

どんな感想文を書いたのか、わかりませんが、長編(小説)が読めるようになったのは、この宿題がきっかけだったことは確かです。今となっては感謝です。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク