« きょうのデータ部☆(1/15) | メイン | 休み~分類・件名のおはなし・100~ »

書を求め町へ出よう

今月の雑記のテーマは「今年こそ読みたい本」。

改めていわれると、なかなかに難しいこのテーマ。
なにを書こうか悩みましたが
今年こそ読みたい......今年こそ見つけたい本、ありました。


 
「読みたいなぁ」と思い焦がれること早幾年。
しかしいまだに読めずにいる作品が「梁塵秘抄」です。

名だたる小説や短歌にも引用・オマージュされているこちらの本。
後白河法皇撰の平安末期の歌謡集であり、
「あそびをせんとやうまれけむ」の一節は耳にした方が多いのではないでしょうか。

書店や図書館にはもちろん置いてあるのですが、
どうにもしっくりくるものに出会えず......。
「いつか探そう」「いつか読もう」と思っていたものの、
日々の諸々にかまけてすっかり忘れていました。


 
同じ底本でも、訳や校註、体裁によって読み味は異なるもの。
本へのこだわりは強くないほうですが、
しかし古典は別です。
自分に馴染む注釈で、時代背景をあれやこれやと想像しながら
作品の味を楽しみたい。

 
 
自身の推し本のひとつ「聊斎志異」も、
好みの訳注に出合うまで長い年月がかかりましたが
そのぶん入手したときの喜びもひとしお!

「梁塵秘抄」も、ところどころつまみぐいしているものの、
通読熟読はお気に入りを見つけた後のお楽しみにしてあります。
 
 
さてさて、せっかくの機会ですし、
奮迅して「これだ!」という自分好みの1冊を求めて
仕事あがりに図書館や古書店街をさまよってみたいと思います。
今年こそ読めますように......!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3453

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク