« きょうのデータ部☆(1/29) | メイン | 大きな絵本を探そう~MARCや検索のはなし~ »

寝ている場合ではない

今月の雑記のテーマは「今年こそ読みたい本」。

「平家物語」
今年こそ読み直すと決めていました。
が、突如として圏外からトップに躍り出た本があります。それは...

鴨長明「方丈記」

夜はラジオや朗読を聴きながら眠る習慣があります。ラジオ配信アプリで番組を選んでいたところ、見つけたのがNHKラジオ古典講読「方丈記と鴨長明の人生」。
おお、これは眠れそうだ。(←ひどい!)
しかし、これがすこぶる面白かった。寝ている場合ではない。

「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」でおなじみの方丈記。わたしにとってそれ以上でもなかった鴨長明ですが、ラジオから教えられる平安時代末期の生々しいドキュメント、五大災厄(大火、竜巻、飢饉、地震、福原遷都)に毎晩目が冴えわたりました。

源平の争乱を外側、鴨長明の目から眺めてみる。これおもしろそう。方丈記の内容もさることながら、解説者である浅見和彦先生の話術のとりこにもなりました。そうだ、浅見先生の本を探そう。

おすすめ本があればコメントをお寄せいただけると嬉しいです。

というわけで、少しテーマからそれてしまいましたが、今年は方丈記にチャレンジしたいと思います。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク