« データ部ログの更新を再開します | メイン | きょうのデータ部☆(6/3) »

瑪瑙~新設件名のお知らせ2020年4月・5月分~

『週刊新刊全点案内』は毎月最初の号の巻頭に「新設件名標目のお知らせ」を掲載しています。
新設件名は、TRC MARCで件名標目を新たに採用したものという意味で用いていますので、NDLSHから採用したものも含まれています。

4月は5件、5月は2件の件名を新設しました。
そのうちのひとつに「メノウ」がありました。

メノウ...瑪瑙...どんな石だったでしょうか。漢字は浮かぶのですが出てこない。

JapanKnowledge「世界大百科事典」によると、
・石英のごく微細な結晶が集合したもの
・縞のあるものを「メノウ」、模様のないものを「玉髄(カルセドニー)」と分けることもあるが、一般には両方を総称して「メノウ」とよぶ
・原石の形が多くは腎臓状で、馬の脳に似ていたため馬の脳→瑪瑙と名付けられた

...なるほど。石英だったのか。そして形は馬の脳...。
「玉髄」と「メノウ」の関係は資料によってばらつきがあり、「縞のある玉髄をメノウという」としているものも見られました。
色調は白、淡青色、ヒスイに似た緑色、紅、黒など多彩です。サードニクスやオニキスもメノウの仲間。また、人工的な着色も容易で、価値的には天然石と変わりなく扱われているとのことでした。

石の中にシダや苔のような繊細な模様がみられるものや、中に水が封じ込められているものもあるとか。
仕事中に思いがけぬ目の保養になりました。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク