« きょうのデータ部☆(12/22) | メイン | 2021年の新設件名を振り返る~分類・件名のおはなし・117~ »

「「日記買う」は俳句における冬の季語だ。」という文章をたまたま読みました。
歳時記をみると暮の季語。「古日記」「日記果つ」といった言葉もあるなか、次の年を意識しはじめ、次に向かったり仕切り直しをしたりの表れに見えてきます。
誰もが日付表示ありの日記を使っているわけではないでしょうが(きまぐれ日記といった名称があって、なるほど)、なんとなく新しいのを買いたくなる時期なのかも。


テーマにある"カレンダー"(12月の雑記のテーマは「日記・スケジュール帳・カレンダー」)というと、これを季語とするかどうかはさておき、"暦"と"カレンダー"はどこか違う印象。
以前は暦売がまちなかを来たが最近は社寺で売られている、などの説明を辞書で見ると、なんとなく今どきの"暦"と"カレンダー"の違いが見えてきそうです。


さて、皆さんそろそろよき相棒は見つかったころでしょうか?

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2024年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク