« きょうのデータ部☆(3/9) | メイン | TRC MARCpedia Vol.10 »

I先生

今月の雑記のテーマは「先生・師匠」。
もうすぐ新学期ですね。
高1の娘は「2年の担任、誰だろう。〇〇先生ならいいな。△△先生は絶対に嫌!」などと話しています。

私も、高校最後のクラス替えのときに「絶対あの先生だけはいやだ!」と思っていた先生がいました。
そして見事、その先生が担任のクラスになってしまいました...。
生徒指導が厳しいことで有名だった英語担当のI先生。
先生に用事がある際は教官室の入り口で「3年E組〇番、〇〇(自分の氏名)、I先生に用があって参りました! 入ってもよろしいでしょうか?」と叫ばなければならず、そのとき一歩でも敷居をまたいでいようものなら「おめぇ、もう入ってんじゃねえか!」と怒られ、一歩さがってまたやり直したものです。
授業中はとんでもない緊張感が漂い、居眠りする生徒など皆無。
生徒を指名する際は時計の秒針で指名する生徒の出席番号を決め、名前ではなく「No.〇〇!」と呼ぶため、時計をにらみながら「時よ、すすめ...」(あるいは、とまれ)と念じていました。
卒業後数十年が経った今も、当時の出席番号を覚えている友人がいます。

生活指導や授業の厳しさとは逆に、学級日誌のコメントは笑えるものが多かったり、誕生日にクラス全員でプレゼントしたセーターをその場ですぐに着てくれたりと、振り返ってみると高校生活で一番印象深い先生でした。
娘の高校生活にもそんな出会いがあることを期待しています。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2024年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク