« 甘い香りに誘われて | メイン | いまの流行りはなにかしら?~MARCや検索のはなし~ »

箱の中の中庭

11月の雑記テーマは「箱もの」。
芸術の秋、企画展など足を運びたい場所は数あれど、今月は建物そのものに注目してみます。

「箱もの」という新しい建物のイメージが強いですが、今月すでに掲載した2回の雑記は古い建物を活用した美術館でした。データ部員の趣味の傾向が見える気がします。

そして今日ご紹介するのも、やはり古い建物。図書の調査でしばしばお世話になっている「国立国会図書館国際子ども図書館」です。

国際子ども図書館の建物は、1906年に帝国図書館本館として建設されました。そのため「子ども図書館」という可愛らしい名前に似合わず重厚な外見です。ホールや閲覧室に入ると、シャンデリアや、装飾のある円柱、寄木細工の床などが豪華で、非日常的な景色にわくわくします。

なかでも私が一番気になっているのは中庭。帝国図書館として建築された部分と、改修後に建築された部分の両方に囲まれたそこで、いつかお茶かランチでもしたいな(付設のカフェテリアがあるのです)と思いつつ、調査が終わるや否やそそくさと図書館を後にするのでした。

ちなみに、こちらは森鷗外の旧居からほど近く、しばしば足を運んだろう(お隣の国立博物館は一時期鷗外の職場でもありました)ことを考えると、鷗外好きの私としては更にワクワクしてしまいます。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2024年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク