« えんぴつを... | メイン | 便利!『週刊新刊全点案内』巻末記事 »

〇〇年後の5月8日

日本には実にさまざまな「○○の日」があります。
今日が何の日なのかを調べ、それに関するいろいろを紹介してしまおうというこの企画(不定期掲載)、第29回目です。

今日は何の日? このお題をいただいた頃、タイムリーにアップされたこちらの記事
そうか、そういう探し方があるのか!
早速、件名「記念日」で検索したところ、気になる2冊が見つかりました。

日本史「今日は何の日」事典

吉川弘文館編集部 (編)
吉川弘文館(2021.1)

未来記念日 2023~2032

日外アソシエーツ株式会社 (編集)
日外アソシエーツ(2022.10)

同じ記念日でも、過去と未来、まったく逆を向いているように見える2冊です。
「日本史「今日は何の日」事典」は、「その日」におきた日本史上の出来事が分かる日めくり事典。
こちらの本で5月8日を調べてみると、一番古い出来事は「忍壁(おさかべ)親王」が亡くなった日とのこと。
天武天皇皇子と付されていますが、申し訳ありません。存じ上げませんでした。
そのほか、5月8日に起きた日本史上の出来事でピンとくるものは...

 豊臣秀頼、淀殿が大坂夏の陣にて没(慶長20年、1615年)
 ペリー、軍艦2隻を率い小笠原諸島父島二見港に来航(嘉永6年、1853年)

ペリーと言ったら下田。下田に来航したのは5月12日。日米和親条約に幕府が調印したのは5月21日だそう。

一方の「未来記念日」は、2023年~2032年の10年間に「〇〇周年」という節目を迎える事柄を日付順に一覧できる一冊。
例えば、2026年の5月8日はコカ・コーラの発明から140周年の節目に当たるそう。
コカ・コーラは「二日酔いの薬として発明された」との説明も付されています。
二日酔いになったとき用に、1本常備しておこうかな。
そのほか、未来の5月8日に節目を迎える出来事は...

 2028年 オマル・ハイヤーム生誕980周年
(ペルシアの詩人、科学者。詩集「ルバイヤート」の作者。)

作者の名前はすっかり忘れていましたが、「ルバイヤート」は世界史選択で受験をした遠い昔の記憶を呼び起こしてくれました。

 2030年 WHO天然痘根絶宣言50周年

今日はコロナウイルス感染症の感染症法上の位置づけが5類になった日。数年後、「コロナウイルス感染症が5類になってから〇年」として、振り返られるかもしれませんね。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2024年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク