« 著者のヨミが違う!? ~典拠のはなし~ | メイン | ウイルスを抱いて »

「違いがわかる」版表示~MARC MANIAX 目録2022⑪~

MARC MANIAX目録 第11回は「版」と「刷」のお話です。

★まず「刷」について
話題の本が発売されるときに「初版20万部!」などとニュースになりますが、これは本当に特別な場合です。出版社が新刊を出すとき最初に印刷しておくのは、ほとんどの場合は数千部とか数百部と言われています。そのあとは売れ行きを見ながら増刷します。よく売れる本、ロングセラーになるとこの増刷の回数が増えていきます。
近所の書店に並んでいる「蹴りたい背中」の奥付を見たら「225刷」とありました。
私が持っている「蹴りたい背中」は「7刷」。この両者は同じ本。
「刷」(刷次)は「同じもののコピー」という意味です。


★「版」は違いを示すもの
一方で「日本十進分類法(NDC)」を考えてみます。A図書館が所蔵しているのは新訂9版で、B図書館は新訂10版、というのは取り換えが効きません。「日本十進分類法(NDC)」の新訂9版と新訂10版では内容がそれぞれ違うからです。これが「版」(版表示)です。
第2版、改訂版、新訂版などがあります。改訂、増補など「版」が略されているケースもあります。


★「版」でも「内容は同じ」ケースもある
新装版、普及版、愛蔵版などがこれにあたり、内容は同じでも主として外装に差があるものです。


TRC MARCでは、この2種類の版表示について、場所(MARCタグ)を分けて入力しています。
265A01 に内容が変わっている意味の「版表示」
265B01 に内容は同じだが外装が違う「特殊な版表示」

なお年鑑などにみられる「2007年版」といった表示は版ではなく巻次として入力します。

実際には、出版者の「版」「刷」に対する考え方は様々なので、スッキリあてはまらないケースも多々あります。「2版」とあっても意味は「2刷」のこともありますし、「〇〇版」ならみな版表示かというとそうでもなく「カラー版」「決定版」など特色の宣伝として付いている語句もあります。
前に出たものとどう違うのか同じなのか?単なる宣伝文句なのか? 版表示は図書を選ぶポイントになるものですから、MARC作成の際には既刊MARCを検索し、図書の中身を確認しつつ、「265AかBか」適切な場所に入力していきます。

例えば手元にある「日本十進分類法(NDC)」新訂10版の奥付を見てみます。

1929年8月25日  初版発行
2014年12月25日 新訂10版第1刷発行
2021年12月10日 新訂10版第8刷発行

1929年はNDCの初版が世に出た記念すべき年。このあとご存知のように改訂を重ね、新訂10版が発行されたのが2014年12月25日。手元にあるのは2021年12月に発行されたものだけれど、これは増刷分であって版としては2014年12月25日に出たものと同じである。ということがわかります。

なお、第9回の復習になりますが、TRC MARCの出版年の記録は「対象図書の属する版が最初に刊行された出版年・月を入力」ですから、新訂10版の出版年は「2014.12」となります。(初版が出た1929年でも、新訂10版第8刷が出た2021年でもないことにご注意ください。)

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2024年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク