« 図書館のためのブックフェア2023 | メイン | きょうのデータ部☆(10/11) »

おいしいを作る建築

本日は「週刊新刊全点案内」2327号の発行日です。
掲載件数は972件でした。

*こんな本がありました*
フードスケープ  図解食がつくる建築と風景」

正田 智樹(著)
学芸出版社(2023.10)

 朝晩、日を追うごとに涼しくなり秋を感じるようになりました。
そうなると食欲が沸いてくるのは私だけではないのではないでしょうか。
 石積みの段々畑、風を呼込む櫓等、自然を活かしながら食をつくるための建築は、人のためだけの建築ではありません。生産者である人々が試行錯誤を繰り返し、時間をかけて自然との関係の中でつくりだした知恵が建築という形にあらわれ、暮らしを支えてきたことが見えてきます。イタリアのワイン・生ハム・レモン・バルサミコ酢、日本の味噌・醬油・塩・日本酒等、16の生産現場を読み解く詳細図が収められています。
 工場見学好きな私にとって、その原形ともいえる地域の暮らしと一体となった食の生産風景は、どのページも魅力的で更なる探究心と食欲を掻き立てられました。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2024年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク