« 伝記はどこへ?~分類・件名のおはなし・132~ | メイン | きょうのデータ部☆(10/25) »

吊り橋へGO!

本日は「週刊新刊全点案内」2329号の発行日です。
掲載件数は937件でした。


*こんな本がありました*

〈関東から行く〉絶景吊橋GUIDE BOOK」

大嶽 雅博 (監修・著)
八重洲出版(2023.10)


著者の方、各地の吊橋を研究する「ツリバシスト」なんだそうです。まずはツリバシストなる言葉に驚き、吊り橋ばかりを特集した本があることに衝撃を受けました。
しかし確かに!改めて見てみると真正面からでも、斜に構えても、見下ろしても見上げても、吊り橋って美しい。そして吊り橋がかかるような場所は、川や海や谷間や崖等々の絶景が約束されているようなもの。

今までは人が渡ることで揺れる感覚や、足元に見える遥か下の景色にゾクゾクワクワクし、「今ここでもしワイヤーが切れたら」なんて想像して楽しんでいましたが、吊り橋自体を眺めてみたい欲が湧いてきました。

涼しくなって行楽も楽しみな気候ですが、どこも混んでいるのでは?と思うと外出する気も萎えてしまいがち。しかし、目的地=吊り橋なら、絶景と造形美を満喫できるかもしれませんね。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2024年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク