« TRC MARCの特長 その2 | メイン | 「週刊新刊全点案内」1507号 »

こういうものがあるのです

2月のはじまりとともに、あの季節もはじまりました。
そうです、花粉のシーズンです。今朝鏡を見たら、目が真っ赤でびっくりしました。
しばらく目薬が手放せなくなりそうです…。


さて、ここからがきょうの本題。

たとえば、吉田茂さんの本を検索しようとして、バカヤロー解散で有名な元首相と、歴史作家と、クリエーティブディレクターと、歯学が専門の大学教授の本が一度に表示されてしまい困った、ということがありませんでしょうか。

ヨミガナでしか検索できない場合はもっと大変です。
吉田繁さんも吉田滋さんもみなヨシダシゲル。
膨大な件数のMARCが検索されてしまいます。

いや、わたしが欲しい情報は、このヨシダシゲルさんの本なのよ。

そういう時、図書館にはとても有効なシステムがあるのです。
本の著者を管理するシステム。それは「人名典拠ファイル」なるものによって行われています。

一般には耳慣れない「人名典拠ファイル」。これはTRC MARCとともにTRCの重要な商品のひとつです。
この「人名典拠ファイル」について、これからときどきご紹介していこうと思います。たぶん毎週月曜日に。


ちなみに冒頭の吉田茂さん、TRCの人名典拠ファイル上では、同姓同名の人が11人もいます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/102

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク