« 1507号の表紙はこちらです | メイン | MARCってどうやって作るの? »

箱根山?いいえ...箱の山です。

データ部紹介で、図書館蔵書という部署をご紹介しました。この部署では全国各地の図書館から蔵書をお預かりしてTRC MARCを作成しています。新刊目録と比較すると、人数も1/4以下とごくごく少数。明治から現代まで幅広いジャンルの図書を扱う関係もあって、かなりユニークな部署です。

この部屋に入ってとにかく目立つものは何かというと、実は本ではありません。人でもパソコンでもありません。奥まった場所にドドンとそびえる図書館蔵書名物「空箱の山」。

20070206191936.jpg

この写真は小松の席から。まさしく絶景...。

肝心の中身(お預かりしている本)は本棚に出して管理をしているため、空箱が天井近くまで積み上がっています。図書館現地で箱に詰めて送ってこられるので、中には蜜柑箱などが混ざっていることも...。

年度末も間近の今の時期、箱の山は高くなる一方(冒頭にあるデータ部紹介のLinkの写真と比較すると一目瞭然!)。どこの図書館もきっとお忙しいのだろうなぁ、と感じられます。じかに図書館の現場と接する機会が少ないデータ部としては、現場を感じられる貴重なスポット...といえるのかもしれません。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/106

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク