« 古い本とはいっても色々 | メイン | 潜入!発送部 »

戦争柄の着物たち

本日、「週刊新刊全点案内」1528号を発行しました。
掲載件数は 1321点です。

* こんな本がありました *

今週、ちょっと驚いた本はこちら。

戦車、爆弾三勇士、童子が日の丸を振る図…などなどが描かれた「着物」を調査した資料集。まえがきによると、著者の方は戦争柄の端切れとの偶然の出会いから調査を開始し、先行研究もない中、手探りで着物を収集・分析されたようです。

本の内容は、着物に描かれた図柄の解読(軍艦など細かい機種まで判別できるらしい)が中心ですが、素人がぱっと見て驚くのは、着物のデザインの大胆さとモダンさ。着物一枚をまるごとキャンバスにして、戦車や旭日旗がばーんと描かれているのは強烈なインパクト。日の丸や赤い花を織り込んだ絣にかかった手間はいかほどか。時代の熱気が伝わってきます。
こんな着物が続々と作られ、子どもや女性が纏っていた時代…教科書も読んだし映画やドラマにもよく登場するし、それなりには知っているつもりでいた戦前・戦中の、全く知らなかった一面を垣間見た一冊でした。

展覧会も開かれたようです。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク