« 新解さんは著者なの? | メイン | 新刊案内の歴史 2 »

新刊案内の歴史 1

~新刊案内ができるまで 特別編その1~

はじめまして。「週刊新刊全点案内」編集長の奥村です。
ご挨拶に代えまして、この場を借りて利用者の皆様、版元・取次の皆様、広告主の皆様に、日頃のお礼を申し上げます。

さて、「新刊案内」の歴史について書け、とデータ部に命じられた(?)のですが、私も入社以前のことはそれほど詳しいわけではありません。
オフィシャルでは1976年4月に創刊となっていますので、TRC設立以前にさかのぼります。残念ながら創刊号は残っておりませんが、当初の媒体名は「全点」のない「新刊案内」で、A5判横綴じ。内容紹介も表紙の写真もありませんでした。現在の別冊注文書のような雰囲気ですね。

070718-1S.jpg

これが、A4判になり、モノクロながら一部に表紙の写真、内容紹介がつくようになるなど、カタログだけで選書ができるよう、様々に形を変えていきます。
070718-2.jpg

070718-3.jpg

フルカラーになったのが1996年の955号から。現在の形に近くなってきました。

070718-4.jpg

この頃はまだデジタルカメラはありませんでしたので、ポジフィルムで撮影し、現像に出していたようです。現像するまで結果の見えない銀塩フィルム。36枚撮りを年間何本使っていたのか、当時の苦労がしのばれます。

このころから新たに問題となってきたのが、新刊書の発行数の増加です。1990年に36,000点程度だった掲載点数が、1995年には5万点を超えています(現在は約65,000点)。TRCの自社在庫も増え続け、さらにTRC MARCの情報量も増加していったため、1冊あたりに割けるスペースを小さくせざるを得なくなりました。

2004年、翌年のTRC MARC/Tタイプのリリースに向け、約10年ぶりにフルリニューアルのプロジェクトが立ち上がります。これについてはまた明日。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/237

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク