« 世界の中の日本 | メイン | データ部におけるクールビズ »

こんな映画がありました

本日「月刊新着AV案内no.16(8月号)」を発行しました。
掲載点数は1749件。内訳はDVD:554点、ビデオ:25点、CD:1162点、カセットテープ:8点です。


今回の表紙はこれ。
あつ~い夏ですが、ほんわかムードで和みますね。

p20070731.jpg


今号の映像資料には、一世を風靡(?)した方が登場しています。
彼女の名はイナ・バウアー。
「白銀に躍る」「空から星が降ってくる」という2本のフィギュアスケート映画に、なんと本人が登場しているのです。
記録映像などの堅苦しいものではありません。エンターテインメント、です。

演技に名を残した偉大な人かと思いきや、青春映画にも出てたんですね~。意外でした。
ちなみに2本とも製作年は1961年。
この年代の、ドイツの、青春映画・・・・・・気になる。

コメント (3)

典拠 田辺:

イナ・バウアー・・。イナが名前でバウアーが姓。わたしはずっとイナバウアーという姓だと思っていたのでびっくりでした。しかもDVDディスクにはイナバウアー(荒川さんが演技していたあの形)のシルエットがプリントしてあったので2度びっくり。本家のイナバウアーを見てみたい方、機会があったらぜひご覧になって下さい。

ハミルカ:

初めまして。
拝見して、気になったので、くだらないことで
ほんと申し訳ないのですが…
P52の『機動戦士ガンダム逆襲のシャア』
の説明文、「アムロはVガンダム…」って、
「ν(ニュー:ギリシャ文字のΝ(ニュー)の
小文字)ガンダム」です。
V(ヴイ)ガンダムというのも別にあるので…

AV 山老:

ハミルカさん、ご指摘ありがとうございます!
確かに誤りのようです。

データは修正させていただきます。
発行済みの月刊新着AV案内は、申し訳ありません。ご容赦ください。

私が子どもの頃、ガンダムってTV放映始まったと思うのですが、今なお新たなシリーズとなって続いているんですね。もう数十年経っているのに(遠い目…)人気の高さに脱帽です。そうとは知らず、ご無礼しました。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク