« 「違いがわかる」版表示 | メイン | 鉄道の秋、真っ盛り »

特注データで扱う資料とは?

特注データ紹介第2回目です。特注データは、データ部の中では比較的少人数のメンバーで構成された部署です。和書班・洋書班・AV班と3つのグループに分かれ、目録作成から分類・件名付与、所蔵(ローカル)データ作成、時には背ラベル貼りなどの装備まで担当します。今日のテーマは「和書班」。

和書班では文字通り和書=日本で発行された日本語の資料を扱っています。明治期より前に刊行された図書や、雑誌、パンフレット、ワープロで打ち出した原稿を紙ファイルで綴じたものなど、新刊や図書館蔵書とはちょっと毛色の違うものも扱っています。

071015_1802~0001.jpg

1枚の紙を折っただけのものですが、蔵書である以上、MARCが必要なのです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/313

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク