« 分類の助っ人・別置記号 | メイン | 歴史 »

ベル・新継続係の仕事

新刊目録「まど」係のお話、2回目です。
「まど」はチームで仕事をしております。今のところ、ベル・新継続係2名、SB係2名、全体を見る「まど」3名の体制。席も近くにまとまっており、緊急事態発生(?)の時にはすぐに声をかけあえる環境です。

今回はベル・新継続係の仕事をご紹介しましょう。
ベルは「ベル案内」(写真)で毎月の配本予定をお知らせしております。また新継続は毎月配本とか年1回配本とか刊行予定が決まっているものがほとんどです。でも、すべての図書が予定通りに刊行されるわけではありません。ほとんどの場合、新刊見本が来てはじめて「あ、この本発売されたんだ」とわかるのです。出版社の事情によって、刊行が遅れることはよくありますし、また早くなることもあります。

200712031155000.jpg

これが「ベル案内」。見本が入荷したらマーカー。

200712031157000.jpg


ベル・新継続係はその日に入荷したベル・新継続の図書をリストにして仕入部にお知らせします。仕入部はそれをもとに在庫の搬入日を確認していきます。でも、これで『週刊新刊全点案内』への掲載がきまったわけではありません。「この本は早く納品したいので1号早めてください」「この本は刊行延期になりました」など、仕入部からの連絡や指示が来ます。係はそれに従って、掲載号数変更の手続きをします。ときには目録作成中の本を「ごめんなさい!」と言いつつ奪い取ったり、典拠作業で苦労しているところを「急ぎですからよろしく!」と急かしたり。関係者の間の調整も行います。

データ入力の〆切日にはその号数のベル・新継続の冊数が仕入部とデータ部で合致しているかどうか、すべてのMARCが「完成」の状態になっているかチェックして、やっと終わりです。でも、ほっとする間もなく、既に次の号の仕事が始まっているのです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/348

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク