« カラーセラピーの効果 | メイン | きょうのデータ部☆ (3/5) »

子どもに昭和の漫才を

本日は「週刊新刊全点案内」1560号の発行日です。
掲載件数は1616件です。

3月の表紙は、なんとも女の子らしい雰囲気。
下の3色は菱餅のイメージでしょうか。

p20080304.jpg

*こんな本がありました*

今回、「珍しいな」と目を惹かれたのはこちら。

子ども向けに編集された、昭和初期の漫才台本です。
子ども向けの落語本ならば、絵本・全集から「声に出して読みたい系」まで、笑えるもの・あまり笑えなそうなもの等色々と見かけますが、漫才、しかもここまで古いものはかなり珍しいとみました。「エンタツ・アチャコ」に「ラッキー・セブン」です!…名前しか聞いたことありません。

しかも今回の3巻は、「戦中編」ということで「防諜第一」に「春はスフ着て」…。「スフ」なんて、今どき大人だって知りまへんがな。でも、各台本に付された解説や用語説明を手がかりに、面白さに引っ張られて読み通したら、言葉の力・時代を理解する力などが一気に伸びそうですね。

関東で生まれ育ち、関西弁の方との会話が少々苦手(リアクションを常に求められるプレッシャーが…)な自分ですが、活字で読む関西弁は大好きです。気持ちがのびやかになる気がします。季節はずれのネタですが、今回の本からそんな引用をどうぞ。

「いい陽気や。灯火親しむべき秋やがな。」
「あなた、親しんでんの?」
「けったいな言い方やな。親しんでいるがな。灯火を暗くして、閑静で気が散らんでええで。…灯火閑静(管制)はまったく秋にかぎるわ。」

ん~、かなりハイレベル!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/413

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク