« きょうのデータ部☆(6/18) | メイン | 子どもの視点に立ったあらすじ~児童用内容紹介 »

そう読みますか

先週iPhoneの日本発売が大々的に発表されましたね。
「おお、ついに!」ですとか
「やったー!」ですとか
皆様の反応はさまざまだったかと思いますが、
私の第一声は
「えっ、アイフォーンなの!?アイフォンじゃなくって?そんなー!」
でした。
一般的にはアイフォンという発音のようですが、
日本ではインターホンの「アイホン」との関係で
iPhoneは「アイフォーン」で商標登録ということになったようです。

で、なぜ、私が「そんなー!」
などと言ってしまったのか。


なんとなく想像のついていらっしゃるかたもいるでしょうが
「私以前にiPhoneの本の目録とったよ。」
「ヨミはアイフォンにしたよ。」
「どうしましょう~。」
というわけです。

TRCでMARCを作成した中で最初のiPhoneの本は2007年5月発行のもの。
日本での商標は「アイフォーン」にすると決めるずいぶん前に発行されています。

今までにiphoneの本は4件あるのですが、
結局ヨミの「アイフォン」は「アイフォーン」になおすことになりました。
今後入力するものについてはもちろん「アイフォーン」で統一されます。

さて、目録をとっていて、タイトル中に読み方がすぐ分からない語があった場合どうするか。
もちろん勝手にヨミをふったりはしません。
6月9日の「問題です」の回でも
AVの難読漢字についてちょっと触れられていましたが、
図書でもちゃんと調べます。
まず、4情報源だけでなく図書全体から、
ルビはついていないか、目を皿のようにして探します。
けっこう必死です。
その後、ルビがあってもなくても、「広辞苑」をあたります。
まあiPhoneのようにその言葉ができた時期的に、最新の「広辞苑」にもないだろうと分かるものは抜かすこともありますが。
「広辞苑」になければ、他の参考資料類(百科事典や各分野の辞典・事典など)をあたります。
それでも分からない!
となると、出版社などに電話をして確認をとらせていただくこともあります。

このように、調査の上でヨミをTRCMARCにいれている訳です。
が、たまに今回のようなことも起こってしまうのですね。
油断ができません。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/488

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク